ノマド探求

海外移住準備記

自分の英語を聴き返す。

二週間前ぐらい前からオンライン英会話を始めた。毎回会話を録音し、聴き返してレッスンを復習している。復習する目的は、まず聴き取れなかった講師の英語を聴き取れるまで聴くことでリスニングの能力を鍛えることだ。それから自分の発音を確認して発音を直すこと、そして咄嗟に出てこなかった単語や表現を調べ、発信の瞬発力を鍛えることだ。

この録音した自分の英語を聴き返す作業が死ぬほどつらい。以前TOEIC S&Wテストの勉強をしていた時も解答を録音して聴き返していたが、レッスン中に話した自分の英語は死にたくなるほどのインパクトがある。これがインディアンコントを彷彿とさせる拙いカタカナ英語であれば、まだ我慢はできる。悲しいことに、彷彿とさせるのはあのレインマンだ。本人はwellとかI seeとか言っているつもりなのだが、アアアとかンーッとか奇声とも呼気とも分からない音声が聞こえてくる。それから、しばらく不気味な沈黙が続き、良い言い方をすれば感情が先走って適切な言葉が出てこないピュアな英語を唐突に話し始める自分の声が聞こえてくる。ヒゲを剃ってる途中で、鏡に映る生気の失せた不審なおっさんの顔に意識が向き、そのまま喉を掻き切りたくなる衝動の百倍ぐらい強い衝動に毎晩耐えなくてはいけないのだ。

この作業は脳にも影響を与えるようで、時間の感覚がおかしくなる。TOEIC S&Wテストを勉強していた時は気を失いかけたが、今回は意識を失いタイムスリップしたかのように、時間に違和感を感じるのだ。時をかける少女ぐらいに甘美なミステリアスならまだ良いのだが、残念なことに12モンキーズに近い。恐らく脳みその時間をつかさどる部位が、自分の英語を聴くことで損傷を受けるか書き換えられてしまうのではないだろうか。そのため、自分の英語を連続して聴くのは三分が限度だ。それ以上聴くと何か未知の領域に足を踏み入れてしまうか、サイキックパワーが備わりそうで怖い。そのぐらい脳みそに影響を与えるので、毎日クタクタになっている。

ちなみにSkypeの会話を録音するソフトはcallnoteというSkypeなどのVoIPを録音する専用ソフトを使っている。最初はaudacityというソフトを使っていたが、自分の話す声は明瞭に拾えるのだが、どうしても講師の話す音声が小さくなってしまうのだ。ミキサーソフトを入れて調整すれば上手く拾えるらしいのだが、面倒臭いので専用のcallnoteに切り替えた。callnoteは月に10回の録音なら無料だ。年に9.95ドル払えば月に30回まで、39.95ドル払うと無制限で録音できる。私は9.95ドル払って月に30回まで録音できるライセンスを買った。可能な限り毎日レッスンは受けるつもりだし、実際にレッスンを始めてから二週間経つが、レッスンを休んだのは一日だけだ。この調子でレッスンを続けていくつもりだが、もしかしたら精神病院行きになる可能性もある。

お試しレッスンの内容。

最近受けたレアジョブのお試しレッスンの内容を書き残しておく。私のように躊躇している人が、心構えを固める助けになればいいと思う。ただ始めに断りを入れておくと、すでに記憶が曖昧なため正確な情報ではないこと、それから担当の講師によって内容は異なると思うので、あくまで参考情報にしかならないということだ。

Webサイトでお試しレッスンの予約をすると、講師からSkypeにアカウントのアクセスを承認するようリクエストが届く。このリクエストを拒否しても、恐らくレッスンの時間になれば講師からコールがあると思うが、特に拒否する理由はないので承認しよう。また、レッスン時間になっても講師からコールがない時は、レアジョブのWebサイトを見てみよう。正規登録した後に気づいたことだが、講師にコールできるボタンが表示され、実際にこのボタンを押すと講師のアカウントにコールできた。

無事にSkypeがつながると、最初に"Nice to meet you"程度の軽い挨拶をした後でSkypeの音声と映像に問題がないか尋ねられる。レッスンではSkypeのチャットも使うので、チャットが表示されるチャットボックスという画面を確認できるかも聞かれた。私は事前にチャットボックを開いて待っていたのだが、講師のWebカメラの映像がSkypeに現れると、この画面が隠れてしまった。そこで"I can't see my chat box"と講師にチャットボックスが開けないことを伝えると、Skypeの画面を印刷したパネルを取り出し、このアイコンを押せば開けるよーと教えてくれた。しかし、私の使っているSkypeのバージョンではそのアイコンが見当たらず、仕方ないのでスマホに入れたSkypeでチャットをしながらレッスンを進めることになった。ちなみに、私のSkypeでのチャットボックスの開き方は、Webカメラの映像が映し出されている画面の上でカーソルをチラチラと動かすと、左下に吹き出しのアイコンが表示される。吹き出しと言っても日本人には白い四角のアイコンにしか見えないが、これをクリックすると左側にチャットボックスが現れた。このチャットボックスの確認に5分ぐらい費やした。

Skypeを確認した後は、お互いに自己紹介をする。講師の英語の発音はきれいだったが、英語を聴き取れても意味を把握することができず、なんとかintroductionの単語を拾って、これから自己紹介するんだなと判断した。最初に講師が自己紹介するので、それに続いて自分の番になる。これは英語が分からなくても何となく雰囲気で分かると思う。何をすれば良いのか分からない時や英語で何て言えば良いのか分からない時に黙り込んでしまっても、チャットで講師から指示があると思う。自己紹介の内容は、Webサイトのお試しレッスンの流れを説明したページで、名前と住んでいる場所、趣味と仕事について話すことが確認できる。事前に準備した内容を話した後で、私の場合は仕事の内容と勤務地について講師から質問があった。レベルチェックを兼ねているので、自己紹介後の簡単な質問は必ずあると思う。最悪一言二言返せば済む質問だと思うし、答えられなくても気まずい雰囲気にならないように講師が配慮してくれるだろう。自己紹介は、少し前に英語で面接を受けるために準備していたので、そんなに準備することはなかった。この自己紹介が5分ぐらいだったと思う。

自己紹介の後に、レベルチェックのための簡単な質問がある。質問をする前に講師がその旨を説明するが、回答を記録するが問題がないか聞かれた気がする。英語を聴き取れなかったので、適当にyesと答えておいた。質問の内容はあまり良く覚えていない。自分自身のことも話したし、コールセンターに電話をかけるロールプレイングもあった。講師は最初の自己紹介である程度英語力を把握しているので、テストの内容は人によって違うと思う。私は終始カタカナ英語で話していたし、講師からの返答に対しても英語になっていない文章を返すのが精一杯だったので、特に大量の英語で圧迫されることはなかった。流暢に自己紹介ができる人はレベルを測るために詳細な回答を求められたり、回答に対してさらに質問が続くこともあると思う。このテストは確か5分もかからなかった。

レベルチェックの後に模擬レッスンが始まる。日本食を紹介する表現を学ぶレッスンは、テキストに沿って進められる。内容は特筆することはなく、英会話の参考書と変わらない。講師が質問をして、それに答えるという英会話教室にありがちな内容だが、不意にテキストから外れた内容を質問された。何をすれば良いのか分からず焦ったが、"I'm not sure what you are asking. What should I do? Could you tell me the example?"と何をすれば良いのか例を示してくれと言ったら、こういう風に答えるんだよーと教えてくれたので、その後の不意の質問もそれで乗り切った。この模擬レッスンが確か10分ぐらいだったと思う。模擬レッスンが終わると最後にレベルチェックの結果とレッスンで講師が気づいたことを、チャットも使って説明してくれる。私は初級以下のレベル4という結果だった。まぁ、妥当な結果だと思う。

講師はオンラインレッスンに慣れていない人に慣れているため、会話が途切れて気まずい雰囲気になることはなかった。この気まずい雰囲気が嫌で正規登録を断念する人が多いことをレアジョブは分かっている。お試しレッスンの講師は専門の訓練を受けているように思う。正規登録した後にレッスンを七回、それぞれ講師を変えて受けたが、一人だけ私の英語力に配慮しない普通のスピードで話す講師がいた。しかも途中から何でこんな簡単なことも分からないんだろ、というような態度を取ってきたので嫌な感じだった。この講師がお試しレッスンを担当していたら、恐らく初心者は誰も登録しないだろう。

お試しレッスンの内容はこんな感じだったが、やはり英語が話せないことを痛感させられた。講師が質問をした時に、その英語を聴き取れても、その意味を咄嗟に把握できないことが二、三回あった。話の文脈が変わるなどして自分の置かれた状況や話の背景が分からなくなった時に咄嗟に英語の意味を把握する能力を養うには、TOECIとは違った勉強が必要だと思う。あと事前準備として、やはり自己紹介はきちんと英語で話せるように準備をしておいた方が良いと思う。これは日本語で自己紹介する時と同じだ。

 

オンライン英会話を始める。

英語のスピーキング能力を強化するため、オンライン英会話を始めた。レアジョブという老舗のオンライン英会話サービスで、料金はビジネス会話コースの月額一万円強になる。講師は全員フィリピン人で、25分のレッスンを一日一回受けることができる。

オンライン英会話は前からやってみようと思っていた。しかし、面倒臭いやらレッスンの受け方が分からないやらで、今まで散々逡巡していた。先月あたりからタイミングを探っていたが始めることができなかったので、意を決して勢いで金を払い、逃げられないように自分を追い込んでみた。逃げようと思えば逃げれるけど、貧乏性が幸いして払った金に対しては元を取らない限り気が済まない性分なのだ。

始めるまでの経緯は、数年前に一度だけお試しレッスンを受けことがあり、その時のアカウントにお試しレッスンがまだ一回分残っていたので、数日前になんとなく受けてみたのだ。オンライン英会話を使って勉強する方法を組み立てるための参考としてレッスンを受けたが、その時の講師の話した英語の発音が良かったのとレッスンの進め方が上手だったので、継続してレッスンを受ける手応えが掴めた。で、お試しレッスンが終わった後、即座に金を払って正規登録をした次第になる。

英語のラジオを聞いているだけでは、英会話の能力は上がらないことは分かっていた。日米会話学院などの由緒ある英会話学校に通って、アメリカ人などの英語を母国語とする外人から正当な教育を受けることも考えた。しかし、グループレッスンだと英語のラジオを聞いているのと変わらないし、お金の問題で個人レッスンだと週一回が精一杯で、単に自己満足にしかならないと思った。できるだけ英語を発信する機会を作り英語を話す時間を増やすことが目的だったので、オンライン英会話を選んだ。