ノマド探求

海外移住準備記

フリーター道の先にあるもの。

定職に就かず浮浪もせず、己の社会性を希釈しつつ将来への可能性を担保する。つまりは何も覚悟を定められず、ダラダラと夢を見ながら生きてきた結果、もう後戻りができない年齢になってしまった。

朝から晩まで決められた場所で働き、稼ぎは保証されるが自由に休みは取れず、今日の延長線上に十年先の自分の姿が浮かぶ。それを安定と感じるか不自由と感じるかは人それぞれだが、好きなように働き好きなように遊びたい人が、どんなに不安を煽られる社会情勢になっても一定数いることは、昨今のノマドワーカーブームからも分かる。人生を満喫するための働き方、というか生き方を実践する人としてフリーターがいた。コンビニに入ればアルバイト情報誌が一冊二百円で売られ、テレビをつければ軽妙な音楽に合わせてファッション雑誌か何かのように情報誌が宣伝されていた時代のことだ。

フリーターは働き方というよりも、実際はヒッピームーブメントと同じで、社会人の義務と責任を負いたくない人の言い逃れ、体裁を繕うためのファッションとして流行した。私もその流行に乗り、流れに流された一人だ。頭の良い人や勘の鋭い人は、広告代理店の仕掛けた流言に惑わされることなく、堅実に社会の歯車になっていった。社会の歯車というと、味気のない奴隷のような人生の揶揄に使われるが、スイス時計と同じく精緻で堅牢な大小様々な歯車が組み合わさって社会は回っている。時々、時勢で珍妙なハトも飛び出すが、内部の仕組みは大して変わらない。そんな社会の歯車の脇で、虚しく空回りする出来損ないの歯車がフリーターだ。若い時の気迷いなら、まだ後戻りはできる。しかしフリーターを拗らすと、もはや社会の歯車と噛み合う機会は得られず、己の存在価値を求めて出来損ないの歯車同士が噛み合って不気味に蠢き始める。親が悪い社会が悪い時代が悪い、そもそもツキがなかったと、理想が現実にならかった怨嗟は気が緩むと同時に内側から滲み出てくる。ハトを時計から出すプロうんこ製造機も私も、同じ出来損ないの歯車なのだ。

フリーターの矜持、そんなものを持って良いのか分からないが、持てるのであれば社会に迷惑をかけようとも道化の役割であれば許されよう。だからフリーター道を極める先にある究極の目的は、笑える死だ。周りを引きつらせる悲惨な死に方も、聖人に昇華されるような立派な死に方も、求められてはいない。ダーウィン賞の候補になる死に方が、私には求められている気がする。後戻りができない今、いかに人生という冗談にオチをつけるかも課題となってきた。

十月後半に香港に行く。

十月になれば、やっと有給が十日間出る。夏休みの代わりに二泊三日で香港に行くことにした。本当は一週間ぐらい休んでベトナムに行きたかったが、職場には代わりにシフトに入る人を自分で探さないと休みが取れないクソのようなルールがある。新しく入った人は気軽に頼める人がいないので、結果として長期休暇は取れない。だから人に余裕がある日に有給を一日だけ使うことにした。

予算は飛行機代と宿泊費、食費など現地で使うお金を含めて五万円だ。最初は台湾に行こうと思っていたが、休める日を探しているうちに飛行機代が高くなってしまったので、そんなに高騰していない香港に行くか沖縄に行くかでしばらく迷った。日本語が通じる沖縄はジジイになってからでも遅くはないので、中国の一部になって最近何かとキナ臭い香港に刺激を求めて行くことにした。空港税などの諸費用を合わせて二万五千円強で航空券を買うことができた。

今月の初めに飛行機を押さえ、そろそろ宿でも取るかなと、この二、三日宿を探していたが、香港は宿代が恐ろしく高いことが分かった。二泊で一万円も出せば、そこそこ清潔な宿に泊まれると思っていた。ドミトリーでさえ、モダンで清潔な台湾と違って昭和を感じさせる牢獄のような宿しかない。飛行機もLCCで倉庫のようなターミナルから出発するし、もう修行でしかない。旅行気分が一気に萎びた。今から十月の後半が憂鬱になる。

香港は移住の候補地ではない。行くからには美味しいものは食べるが、移住の下調べをする気はない。宿は不快だろうし、金と体力を温存するためスタバあたりで時間を潰そうと思っている。最近、気合いを入れいないと読めない本を読んでいないかったので、これを良い機会に小難しい哲学書でも読んでみようと思っている。台湾に行くならノマドPCの試験運用のために古いレノボのノートパソコンを持っていこうと思っていたが、香港に持っていくのは面倒臭いので止めた。

やろうと思った時が最良の機会。

実はオンライン英会話は七年ぐらい前に一度、お試しレッスンを受けたことがある。レッスンの受け方が分からなかったし、講師の若いお姉さんは初心者に慣れていなかったようで、気まずい沈黙が続く中、25分間をひたすら耐えるレッスンになってしまった。英会話ができるようになるには、TOEICの勉強とは違った勉強が必要であることはすでに認識していた。意を決して一ヶ月間ぐらいレッスンを続けてみれば良かったが、そのまま楽なTOEICの勉強に戻ってしまった。オンライン英会話を受け始めて三ヶ月が経ち、レッスンの総計は40時間を超た。わずか40時間でも英会話の上達を実感できる。講師の多くが度々言うように、英会話を上達するには英会話を実践するしかない。七年前にオンライン英会話を始めてたら、今頃はペラペラだったに違いない。

英会話だけではなく、何事もそれをやろうと思った時が最良の機会だと思う。とりあえずやってみることだろう。未だにフリーターだけど四十年以上生きて思うことは、人生は言った者勝ち、やった者勝ち、楽しんだ者勝ちであるということだ。海外への移住も同じことで、行って住んで働いてみれば良いにしろ悪いにしろ結果は出る。このまま派遣で働き続けてもパッとした人生にはならないし、新天地を求めて日本を離れるなら早い方がいい。