ノマド探求

海外移住準備記

ノマドワーカー再考。

日本から離れて生きるのもありかな,という漠然とした衝動に駆られて以来,職場を好きに選べる働き方を探している。そして,ノマドワーカーが流行になり,手っ取り早そうに思えたので流行に乗ることにした。一時の流行は過ぎたが,無職で暇を持て余していることもあり,ノマドワーカーとは何かを考えることにした。

ノマドワーカーの定義として,特別な雇用形態を指すものではなく,会社員なら会社,個人事業主なら自宅というような,限定された職場以外で仕事をする人を指すものでもない。居場所がないので外で書類整理をする会社員も,家だと子供が騒がしいので外でメールの整理をする自営業者も,等しくノマドワーカーではないだろう。高級ホテルや空港で仕事をする商社マンやメーカーの営業マンもノマドワーカーではない。さらには,Webサイトでアンケートに答えてポイントを集めているプー太郎も,ややノマドワーカーとは違う気がする。

私の認識では,ノマドワーカーは喫茶店などの公共の場で仕事をする人ではなく,スタバで仕事をしたいからスタバで仕事をする人達だ。家の近くのベローチェでもドトールでも談話室滝沢でも駄目なのだ。歩いて二十分ぐらいかかっても,駅前のスタバで作業ができなければノマドワーカーではない。これはノマドワーカーの条件であるとともに特権でもある。例えば新橋に職場がある会社員が,気分転換に会社近くの喫茶店で仕事や打ち合わせができても,美味しいゆで卵が食べたいからといって新幹線で二時間かかる名古屋の喫茶店で仕事はできない。しかし,ノマドワーカーであれば,ゆで卵を頬張りながら仕事ができるのだ。表参道のスタバでも,羽田空港のラウンジでも,バンコクのコインランドリーでも,好きな場所で仕事をする特権がある。

ノマドワーカーという働き方は生活様式までに昇華されたので,フリーターと違ってヒッピーと同じような扱いになっている。そこにはここは譲れないという,ある種の美学があるからだろう。お年玉袋を内職で作っている母親が旅行先の温泉旅館で作業をしていたら,それはノマドママンになるが,ノマドワーカーへの巷の揶揄や怨嗟からは無縁だ。なぜなら,ノマドママンは格好良くないし,温泉旅館で仕事をすることへの美学もない。揶揄や怨嗟は,好きな場所で仕事ができる特権への羨望と,その特権を誇示することの鬱陶しさによって引き起こされる。鬱陶しくないノマドワーカー,つまりはノマドママンこそが私が目指すところだ。

ビジネス英語とは何だ。

派遣の求人を見ていると,応募条件としてビジネス英語とかビジネス英会話とかを挙げている求人がある。また,日常英語や日常英会話という条件もある。このビジネス英語と日常英語が,どの水準での英語の運用能力を期待しているのか不明瞭なため,いつも応募するのに躊躇してしまう。

要するに,仕事で使う英語がビジネス英語なのだろう。ビジネスなんだからそうだ。そして,そのビジネス英語の下に日常英語があるみたいだ。恐らく日常英語とは,業務に直接関わりない状況で使う英語なのだと思う。例えば,交通機関を使って移動できたり,食事や買い物ができたりする程度だと認識している。海外旅行を一人でできれば,日常英語ができるという条件は満たしているだろう。この日常英語に対して,ビジネス英語は会議や折衝など,仕事の現場で使用することを想定した英語だと思う。英語環境で仕事しろと言っているので,業務内容によって英語で話す内容も変わってくる。マクドナルドの店員が注文を受ける時と現場監督が作業員に指示する時では,会話の内容が異なるように。また,状況によっても会話の内容は違ってくる。社内会議で商品の販売成績などを報告する時と顧客に商品を説明する時とでは,会話の内容が異なるように。

どのような状況で何のために英語を使うのか教えてくれないと,応募条件を満たすのか満たさないのかの判断ができない。しかし,派遣会社の担当者に聞いても,どの水準を指しているのか分かっていないことが多い。会議での報告とか現場での簡単な指示とかであれば,あらかじめ内容は想定できる。英語の運用能力の下地があり,使う構文と単語を事前に用意できれば,ビジネス英語は難しくないような気もする。

ポートフォリオのようなもの作りたい。

年始から働き始める準備のため,派遣の面接を受けたり,海外の求人に応募したりしている。面接を受ける時にいつも困るのが,薄っぺらい職務経歴だ。自己紹介の一部として職務経歴を話すが,箇条書きにした内容を読み上げる程度で終わってしまう。自分も相手も話を続けるネタがなく,どうやって話を切り出したらいいのか,しばしの沈黙が訪れる。職務経歴を検定や資格で補う以外に,何かいい方法はないものか。

デザイナー志望者がデザイン事務所などに自分を売り込む時に,ポートフォリオと呼ばれる作品集を作って持って行く。デザインの知識と技術を目に見える形に落としこんで,実際に見てもらうわけだ。このポートフォリオには口で説明するのとは比較できないほどの説得力がある。現物がそこにあるので当然だ。こんな風に目に見えて手で触れる物を作れば,書類選考なり面接の時に少しは役に立つのではないかと思った。

プログラマーなら自分で書いたコードとかアプリケーションとかがポートフォリオになるのだろうけど,さて私の場合は何を作ればいいのやら。今のところサーバーを自作して,ブログとか掲示板とかを運用するのはどうかなと考えている。監視ソフトを入れたり,バックアップを定期的に取得したりして,運用も実際の仕事っぽくしてみる。そして,その試行錯誤の過程を運用するブログに掲載し,ポートフォリオとして見てもらう。サーバーは五万円もあれば自作できるし,OSとソフトもオープンソースのものを使えばお金はかからない。24時間稼働させると電気代がかかってしまうが,消費電力の低いCPUを使えば許容範囲に押さえられると考えている。駄目なら電気代の安い時間帯だけサーバーを動かすことにする。

ポートフォリオの作成は,今回の就職活動に間に合わないので次の機会となるだろう。この構想は進め,色々な人の意見を聞いてみようと思う。採用する側が評価し易いものを作らないと,ただの自己満足で終わってしまう。IT業界でもこういう評価方法が一般的になれば,私のような試験に弱い人間にはありがたいものだ。