ノマド探求

海外移住準備記

仕事で色々と話してたことが分かった。

英会話の勉強をしようと思いつき,仕事で話していた客との会話を日本語で書き起こしている。この会話を日本語から英語に直し,構文と単語,表現を覚えればテクニカルサポートで必要な英語を習得できると考えたからだ。

書き起こし始める前は,担当していた製品は特に難しい製品ではなかったし,すぐに終わるだろうと思っていた。しかし,いざ書き起こしてみると意外と色々なことを話していた。全部書き起こすまでには時間がかかりそうだが,英語を仕事で使える幅は広がるので,時間を作って進めていきたい。仕事で使う英会話は,仕事さえ覚えればすぐにできると考えていた。やはり英語での発信に慣れていない人間にとっては,事前準備と勉強が必要になる。

英会話をどう勉強するか。

英語の勉強を15年以上継続した末にTOEICで800点を超えたが,英会話ができない典型的な日本人として,英会話の勉強方法をあれこれと思案する日々が続いている。英語で話す書くという情報を発信するための勉強をしてこなかったので,英会話ができないのは仕方がないことは承知している。では,その話すための勉強をどうやればいいのか。

話す訓練としてオンライン英会話を始めようと考えてもみた。しかし,その使い方つまりはオンライン英会話でどうやって勉強したら良いのかよく分からない。フリートークで発信力の強化だとか謳っているが,そもそも英会話ができないので講師との会話が成立しない。会社が用意した教材を試してみるのも一つの手だろうか。なんとか効率よく勉強ができないものかと思う。何十年もかけてようやく達人の境地に達する武道ではなく,誰でも短期間で習得できて戦力になにる武術を学びたい。英会話道ではなく英会話術を学びたいのだ。

派遣の求人で応募条件にビジネス英会話が挙げられている。社内で意思の疎通ができる意味でのビジネスであれば,そんなには難しくはない。むしろ日常会話よりも簡単だ。しかし,日常会話も含めて敬語を使って丁寧な顧客対応を英語でやれという意味でのビジネスであれば,そんな給料で誰も応募する人はいないんじゃないかなと思う。ビジネス英会を前者として捉えれば,仕事で使う会話は限定できる。ネットで調べたところ,オンライン英会話の勉強方法として,自分で台本のようなものを作り,それを使って講師とロールプレイングをする方法を紹介していた。ひとまず,可能な限り仕事で必要となるであろう会話を英語で書き起こすことにした。

勉強がはかどらない。

先月末までにLPICレベル1を取得する計画だったが,まだ101すら取得できていない。すでに意欲は失せ,寝る前に二時間ぐらいPing-tで勉強している程度だ。他に何をやっているかと言うと,VBAの復習をしたり,派遣の求人を調べたりしている以外は,何をしようか考えいる。

仕事を辞めてから一ヶ月以上が経ち,焦りとともに安定路線を進んでどうなるのかという疑問が出てきた。海外に移住しようと企てているのも,そもそも日本を離れることでこの社会から逃避し,違う生き方をしようと思ったからだ。検定の勉強に時間を費やしている時間はないのではないかという,漠然とした不安が根底にあるのだ。海外移住の準備として計画していた履歴書の作成とITの検定の取得は済んでいる。三つ目の副業は始めていないけど,ラノベを含めたクロスメディアの企画を作るという算段はついた。ならば,早く企画を作りラノベを書き上げるべきだろう。また派遣の仕事をしても,その間に副業を始める時間を作ることはできるが,結局移住計画の実行はさらに先延ばしになってしまう。