ノマド探求

海外移住準備記

自分の育成戦略を考える。

前々から思っていたことがある。どの検定を受けようかとか何の勉強をしようかとかを考えることは、RPGにおけるキャラクターの育成戦略に似ていないだろうかと。人生をRPGになぞらえたエッセイが出版されているぐらいなので、似ていると思った人は多いはずだ。

RPGにおける育成戦略のように自身の市場価値を客観的に評価することは、検定と資格が豊富に用意されている業界では特にやり易い。例えばIT業界だと、今後はインフラの構築をやりたいからLPICレベル2かCCNPを取ろうとか、しばらく職場を変えるるつもりはないので応用情報技術者試験を受けて基礎的な知識を固めようとか、目標を定め易い。また、開発の求人では応募条件として特定のプログラム言語が指定されており、その仕事に就くために何を勉強すれば良いのかが分かり易い。業界特有の資格と検定も目だと、例えば金融業界で働きたければ証券外務員や日商簿記を取るのも有益だし、外資系企業で働きたいのでTOEICを受けるなど、自身のキャリアを形成する上で次に何をすれば良いのか資格と検定が目処になる。RPGに例えると、ある怪物を倒すために強力な魔法を習得しようとか、次の街に移るために経験値を稼いで体力を上げようとか、そんな感じになる。

育成戦略を練らずに闇雲に検定と資格を取ったり新しい技術を勉強したりしても、次のキャリアにはつながり難いのはゲームと同じだ。特殊な状況下で必要なスキルも、違う状況ではただの飾りにしかならいことも多い。また、職種ごとの育成戦略も考えていく必要がある。レベル50の戦士がいきなり魔法使いになろうとしても、それまでの経験と習得した技術を魔法使いのレベルに移行はできない。魔法を少し使える戦士になりたいとか、自分で身を守れる魔法使いになりたいとか、付加価値程度であれば同時に追うことはできる。しかし、強力な武器を使うために戦士のレベルと、強力な魔法を使うために魔法使いのレベルを併行して上げることは、現実にはとても難しい。まれに同時に追える人もいるけど、たいていは時々屁のような魔法を吹き出しながら、ただ棍棒をぶん回すだけの、中途半端なキャラクターができる上がるだけだ。自身で冒険を進めていく勇者であったり、小さいベンチャーであれば器用貧乏の勘違い忍者でも何とかなるだろう。しかし、創立50周年を迎えるような大きな冒険団の一員として働くためには、計算できるキャラクターになる必要がある。私は戦士です魔法使いですプログラマーですと、職業人として言い切れるキャラクターを確立したい。何ができるの分からないし、組織の中でどのような役割を担えるのかが判断しづらいキャラクターは、仲間に誘われにくい。

仕事を探す上でも、次は履歴書に何の経歴を書こうかと考えながら探すのが、育成戦略としては有効だろう。できる限り今までの職歴と保有する資格と検定に経験を上乗せできるような仕事に就くのが妥当だ。人生一回きりなので自身で冒険の旅に出てみたいが、どうやら機を逸してしまったようだ。この先しばらくは、派遣社員かアルバイトをしながら冒険の準備に時間を費やすことになる。冒険の準備をしながら夢を見続け、それで終わってしまう一生もあるけど。何人もの勇者を見送りながら、街の片隅で同じ台詞を言い続ける街のモブキャラのように。

TOEIC S&Wテストを受けることにした。

三月中旬にTOEIC S&Wテストを受ける。これまでに二回受けたことがあるが、勉強方法が分からず結果は散々だった。今回は勉強に費やす時間がたっぷりとあるので、英会話の勉強方法と合わせて、このテストの勉強方法を確立させたい。

このテストの肝は事前に模範解答となる例文を用意することだ。話して書くテストなので、解答は選択肢から選ぶのではなく自分で作る。帰国子女でもない限り、試験対策なしでは咄嗟に解答を作ることは難しいだろう。私のように日本で英語の勉強をしている人間は、予め覚えた例文を元に適切な解答を組み立てることになる。出されるお題は多岐に渡るので、お題を想定してそのまま解答となる例文を多く用意するよりも、応用を利かせやすい構文を盛り込んだ、汎用性の高い例文を用意する戦略が良いと思う。その方が英語を実践する現場でも役に立つ。

また、テスト勉強を兼ねて面接の英会話も練習する。テストのお題には臨場感がないし、私が想定する英語を使う状況からも外れていることが多いためだ。勉強意欲を維持させるには、勉強したことが役に立つという確信が欲しい。そのため、面接で話すネタを想定し、そのネタに即して例文を作成することにする。想像したスカスカの状況よりも、その方が例文を作りやすい。さらに自分自身を商品に見立て、営業で使う英語も練習する。かなり欲張りだが、面接は自分という商品を売り込む場であるし、併行して練習しても損はない。派遣の営業になった気分で、自分を競りにかける状況を想定してみる。問題は私の職歴だと、水素水の押し売りに近いぐらい胡散臭い商品を取り扱う営業マンになってしまうことだ。限りなくグレーというか、話を盛るに盛って嘘は言わないけど、あくまでもそちらさんが勝手に想像したことですよー、という感じでの営業になる。

 例文の作成はTOEIC S&Wテストの参考書を元に進めていく。面接と旅行のための英会話集も参考にするが、試験対策から外れることまで手は出さない。勉強した過程は次の試験に役立つかもしれないが、試験はその結果がすべての非情な世界なのだ。試験では努力自体が認められることはない。

ノマドカメラがほしい。

記録用のカメラが欲しい。どうやっても言葉で伝えることが難しい場合や、なんか話すの面倒くさいなっていう時に、画像を撮ってそれで済ましたい。それにノマドワーカーになった暁には、私もお勧めの喫茶店とか食べた昼飯とかをブログに掲示したいのだ。ノマドワーカーを標榜する人がどんな仕事をしているのか調べるため、時々彼らのブログを読んでるけど、実家住まいなのか結構良い生活をしている。ちなみに私の今日の昼飯は、近くのスーパーで昨日買ってきた絹豆腐一丁だ。

ともあれ先日、常時携行することを想定した軽くて小さくて頑丈なカメラを求めて家電量販店に探しに行った。二万円もあれば、そこそこのものが買えると期待していた。しかし二万円で買える機種は少ないし、筐体もしょぼすぎて購買意欲をそそられなかった。今だとスマホで代用できるので、安いカメラの需要はあまりないのだろう。確かにカメラの性能が良いスマホであれば、Webに載せるだけであればたいして問題はない。音楽プレイヤーも兼ねることができるし、電話もできるしメールも読めるしで、一台で色々と捗る。iPhoneなんかはそんな使い方だ。しかし、それはカメラではない。カメラの性能が良いスマホだ。お洒落なカメラが欲しいのだ。SONYWalkmanサイバーショットを合体させ、さらにSIMカードを使ってデータ通信ができる製品を出してくれればいいんだけど。最近販売されたWalkmanは良い感じなんだよなぁ。