ノマド探求

海外移住準備記

夜勤の思い出。

今の監視の仕事は輪番制で、日勤と夜勤が交互に回ってくる。体はきついが、実は夜勤で働くのは好きだったりする。昼間に働く時と違うノリが夜勤にはあるのだ。深夜帯に限らず、お盆や正月などの連休中も普段と違うノリになるけど、この場合はハレの高揚感が強い。普通の日の深夜帯は高揚感の代わりに倦怠感が強く、同僚と話す会話も昼間とは違い、時として哲学的な趣向を帯びる。

三十代の頃は、コピー屋で夜勤のアルバイトを長いことしていた。私が働いていたコピー屋はかなり緩い職場で、それ故、他の職場では働けないような魅力的な社会不適応者がたくさんいた。店長に営業、一人か二人の社員を除いて、店で働く人は私と同じフリーターだった。年齢も他の店舗の人から珍しいと言われるぐらいまとまっていた。趣味や本業に費やす時間を確保するためアルバイトで働く境遇は同じだし、同世代の気安もあって皆仲が良かった。

このコピー屋で働くまでは、自分の普通ではない生き方に息苦しい思いをしていた。同年代の友人や知人は、職場では中堅の存在感を持ち始め、また結婚して家庭を持つ人も少なからずおり、それなりに充実しているように見えた。それに比べて、私は学校を卒業してから定職も就かずにダラダラと寿命を浪費し、何も進歩していなかった。何かをやりたい衝動を抱えながら、実際には何をすれば良いのか分からない苛立ちがあった。まだ何も形に残せていない焦りに疲れ始めていたと思う。悪いことをしているわけではないので恥じることはなかったが、自分でそういう生き方を選んでしまった自己嫌悪は根が深かった。環境や誰かに強制されたわけではないので、全て自分の責任だ。コピー屋の夜勤は忙しいことが珍しいぐらい暇で、出勤しても何も仕事がない時もまれではなかった。それにコピー屋の仕事は人格改造を施されているような頭を使わない単調な作業がほとんどだった。やることもないし帰ることもできない、そこにいるだけの時間が常にあった。皆、私と同じように葛藤を抱え、それでも自分の可能性を思い描くことで、正気を保っていたのだろう。暇潰しや気分転換に始めた雑談が、夜勤のノリに合わせて思いもかけない深い話になることが多々あった。

コピー屋でアルバイトをして幸運だったのは、生まれて初めて働くことの喜びが分かったことだ。同僚よりも同志に近い、話が通じる人達と知り合えたのも初めてだった。そこで話した内容はもう覚えていない。ほとんどの同僚とも連絡が途絶えてしまい、その消息は不明だ。しかし、コピー屋の思い出は、この世のどこかに自分がいても良い場所があるはずだという希望につながっている。

IT警備員の醍醐味。

IT警備員の仕事は、障害が起きなければ基本的に何もしないし、障害が起きても関連部署に連絡を入れて終わることも多い。暇な時は呆けていても問題ないし、夜勤や休日などの管理者がいない時間であれば、検定や資格の勉強もできる。余裕のある時は退屈しのぎに同僚と雑談に興じることも多い。

IT警備員には障害に対応できる能力はないし、それを期待されてもいない。一日中椅子に座ってモニターを見続け、時間になれば家路につく。それの繰り返しだ。現場によって監視するシステムも対応する手順も違うので、慣れるまでは忙しかったり慌てたりすることもある。しかし、手順書を追わなくても何をすれば良いか分かるぐらい慣れてしまえば、途端に仕事は楽になる。気苦労も残業もほとんどないし、趣味に費やす時間は取りやすい。そのため、独り身か結婚していても子供がいなければ、生活に苦労しないだけのまとまったお金が稼げるので、同じ現場に居続ける人もいる。頼られる長老格になると、責任は増えるが些細なミスやルールをある程度逸脱しても何も言われないので、悠々と働くことができるのだ。構築や運用などの上位の仕事に比べるて稼げるお金は違うが、それが誤差程度だと思えれば、これはこれで良い稼ぎ方だと思う。自分で興した会社や高給のためならまだしも、僅かな金のために精神を磨り減らしてまで働くこともあるまい。

IT警備員の仕事。

システム監視の仕事はヘルプデスクと並び、何にもITの知識と技術を持たない人が就き易い職種だ。新卒で大きなIT企業に入れば監視をすっとばして構築や運用に行けるのだろうけど、フリーターやプー太郎などの底辺で蠢く人間が働き始めるには、圧倒的に監視の仕事が多い。派遣サイトで求人情報を調べると、それが良く分かる。たまに体裁を取り繕ってSE募集と記載する求人もあるが、騙されてはいけない。監視の仕事はただのオペレーターであって、エンジニアではないのだ。

システム監視がどういう仕事か一言で説明すると、IT警備員という言葉がぴったりくる。主に椅子に座って目の前のモニターを見ていることが仕事になる。警報が上がると然るべき連絡先にメールか電話で連絡入れて、それで終わりだ。最近は技術の進展にともない自動化が進んでいるので、時間的な余裕がある現場では警報が上がって即連絡とはならずに、何かしらの確認や復旧の作業が伴うこともある。それでも、ITの知識と技術はあまり必要とせず、粛々と用意された手順に従えばできる作業だ。また決められた時刻に作業をおこなう現場もある。これもシステムや機器の状態を確認するなど、簡単な作業に変わりない。

監視の仕事では、ネットワークやサーバーなどのインフラの知識だったり、VBAやShellScriptなどが書けるプログラミングの能力だったり、ITの知識と技術はそれなりに役に立つ。しかし一番大切なのは、挨拶や報連相などの社会人としての基本的な素養だ。神経質な現場なら、常に周りの空気に気を払い、誰が敵で誰が味方か、ヌシはどいつかを見極める能力も必要になる。気が良さそうに見えても実は物体Xばりの奴だったり、反対に最初はとっつきにくいが根は良い奴という映画だと最後に主人公をかばって死んでしまうような奴もいる。日頃から彼らの所作や言動に注意し、誰が人間で誰が物体Xなのか慎重に見極めないと、うっかり地雷を踏むことになる。

また、その現場特有のルールがある。そのルールが分からないと、いくらITの知識や技術があっても何をやっていいのか分からないだろう。暗黙のルールを教えてくれるのは同僚なので、彼らに敬遠されれば何もやることがなく孤立する。そして、なぜか何もしない奴という評価になってしまう。宇宙人とのファーストコンタクトと同じで、同僚に与える第一印象はとても重要だ。ファーストコンタクトにさえ成功すれば、その後の仕事はかなり楽になる。まだ、二つの現場しか経験していないけど、このファーストコンタクトに失敗し、短期間で辞めた人間を何人も見てきた。