読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ノマド探求

海外移住準備記

基本情報技術者試験の結果。

四月に受けた基本情報技術者試験の結果が出た。予想に反して受かっていた。

試験勉強はしていたけど,午後の問題のアルゴリズムとプログラミングに手が回らず,午前の問題だけでも合格していればいいかなと思っていたので,予想外の結果だった。合格したことは素直に嬉しいけど,拍子抜けしたというか,不完全燃焼感が半端なくある。履歴書に書くためと言うよりも,ITに関する体系的な知識を補うことが目的だったので,今回手が回っていない分野を中心に勉強は続けていくつもりだ。

合格点が午前と午後ともに60点で,結果は午前が65点,午後が60.5点というギリギリの点数だった。運で受かった部分が大きい。マークシート方式だったので,苦し紛れの選択がたまたま合っていたのだろう。しかし,たまたまと言っても闇雲に選択したわけでなく,設問者の心理を読み誤解答をできるかぎり排除した上で選択する,心理戦に徹した末の合格だ。自信を持って解答できたのは少なく,特に午後のアルゴリズムとプログラミングについては問題というより日本語が良く分からなかった。そこで,問題文の行間から,正解を選んでもらうことを素直に願う誠実な教育者タイプか,それとも誤解答を誘い密かにほくそ笑む底意地の悪い陰険者タイプか,などのその設問者の性格を見抜くことで,どれが誤解答かを判断し,正解率を上げる戦略を取った。二十歳そこそこの若者にはできない,四十歳を超えたナイスミドルだからこそできる戦略だろう。ITスキルではなくヒューマンスキルのなせる技だ。

ともかく,これで移住までにやろうと決めていた三つのうち,履歴書の再作成とITの検定の取得という二つは達成することができた。あとは,副業を見つけることだけだが,これについても徐々に具体的な方向性は固まりつつある。

処分に困るゴミ。

個人情報の記載された書類の捨て方に困っている。役所からの書類とかクレジットカードの明細とか,普通にゴミとして捨てるには躊躇するものが大量に溜まってきた。前の職場だと,シュレッダーの代わりに人を三,四人ぐらい監禁できる大きさの機密書類専用ゴミ箱があって,そこにこっそり家から持ってきて捨てていた。今の職場はしょぼいシュレッダーしかないので,どうやって捨てようか考えている。

見られて恥ずかしいようなゴミの処分も進めていかないと,家を引き払うまで残ってしまいそうだ。日記は実家に残していくし,写真の類いは一枚もないが,ハードディスクはどう処分すべきだろうか。ハードディスクの処理業者が横流ししていたケースもあるし,自分で処理するしかないのだろうか。

相変わらずの連休。

今の職場ではカレンダー通りに働いているので,この五連休は休みだった。そして,特にどこに行くわけでもなく,毎年のように独身の友達と飲みに行って終わった。結婚した友達とは,もう久しく会っていない。彼らが家族と過ごす時間が多くなるとともにつれ,疎遠になってしまった。

四十を超えて独身だと,給料はすべて自分のために使えて贅沢な遊びができるはずだ。しかし,独身の友達にはまともに働いている奴がいないため,当然しょぼい飲み方になる。私を含めて独身者は人間性が似通っていて,とにかくゆるいことを好む。良い給料を稼いで贅沢な遊びをするぐらいなら,楽な仕事をして安居酒屋で飲むことを選ぶのだ。社会に参与するには金を使わざる得ないから,金を稼ぐほど,その人の社会性は濃くなる気がする。冠婚葬祭は言わずもがな,同僚と飲みに行ったり,恋人とデートしたり,何かにつけて金はかかる。安定して金を稼ぐしかないので,社会性のある人ほど正社員で働いている。そして,正社員で働くことの延長には,結婚して家庭を持つことがあるようだ。まともに働いているから結婚することと,結婚しないからまともに働かないことは,実は同じことなのではないかと思う。結婚できるできないではなく,するかしないかの問題として。

この連休中もそうだが,一生独身のまま生きていくことがどういうことなのか,感覚として分かるようになってきた。仕事帰りに食べる牛丼はまだいいが,休みの日に一人で食べる弁当ほど不味いものはない。独身のまま死んでいくのは,やはり寂しい人生だと思う。ただ,やり直すことはできないので,寂しくないように何か違う生き方をするしかない。その生き方を模索しているところだが,そんな生き方はあるのだろうか。