ノマド探求

海外移住準備記

チャンスを選ばない。

鼻毛に白いものが混る年齢になり、若い頃と違うことは、チャンスを選ばないようになったことだ。今まで散々、青臭いことをして痛い目と悔しい目に遭い、体で学んだ経験則だ。年を取って現実的になったとか賢くなったとか、頭で考えて学んだこととは違う。

最近になり、また仕事探しの準備を始めた。仕事選びの基準も若い頃とは違うが、仕事の探し方も若い頃とは違う。若い頃は、目の前にパッと現れたチャンスと在りもしないチャンスを比べ、手の届くチャンスを良く捨てていた。小さいことも大きいことも高望みをして、敢えて貧しい現実に停まることが多々あった。仕事探しから人付き合いまで、それは変わらない。そうしてチャンスを捨てた結果、望んだチャンスが訪れた試しは悲しいことに一度もない。半分ぐらいは、目の前のチャンスに怖じけづいていただけかもしれない。そもそもビッグなチャンスは、それが到来した時には分からないものだ。それを把んで現実になった時に省みて、初めて分ることだと思う。そのことに気付いたのは、十年前にも満たない、ごくごく最近だ。

チャンスを選ばないようにしてから、誘われた時は取り敢えず首を縦に振るようにしている。一度イエスと言ってしまえば、従来の気の弱さも手伝い、なかなか断ることはできない。首を突っ込んだチャンスは、中華街の路上で一度握った甘栗のごとく、もう捨てることはできないのだ。そうやって目の前に訪れたチャンスを把むようにしてからも、別段何か人生の転機を迎えたことはまだない。しかし、若い頃と比べて逃したチャンスも叶わなかった妄想も、特に気にならなくなった。手に入れたチャンスが自分の望むものでなくても、次のチャンスは必ず訪れるものだ。そして、場数を踏むにつれ、望んだチャンスがどこから訪れるのか、それを手に入れるための場馴らしのコツが分かってきた気がする。

 

 

 

しばらくオンライン英会話はお休み。

来月末に受けるComptia Cloud+の試験勉強のため、しばらくオンライン英会話はお休み。オンライン英会話のレッスンを受けているBizmatesは、一ヶ月毎の更新で契約できる。レッスンに少し飽きた時などは、契約更新のタイミングで一週間ぐらい間を開け、気分転換してからレッスンを再開するようにしていた。今回はいつ再開するか、未定だ。Comptia Cloud+の試験に一発で受かったとしても、次は仕事探しが控えている。

オンライン英会話のレッスンは、レアジョブも含めると100時間以上は受けた計算になる。しかし、レッスンの受け方は未だ何が正解なのか分らない。人それぞれに合った受け方はあるだろうし、目的によってもレベルによっても受け方は違うだろう。どんな受け方をするにせよ、英会話初学者の方が脳みそへの負荷は高くなる。最近はだいぶ慣れたが、最初の三ヶ月ぐらいはレッスンの後、しばらく放心状態になる日が続いた。今はそれなりにリラックスして、楽しくレッスンを受けることができる。一年間続けてそれなりに受け方が熟れてきたということだろうか。英会話が上達しているかどうかは分からないが。

オンライン英会話のレッスンを受ける際は、レッスンで話す内容を予測し、予習と復習を兼ねて毎回アンチョコを作ることをお勧めしたい。そして、レッスン中はなるべく参照しないようにする。アンチョコ作りは単語と文法を調べる良い機会になるし、講師に文法の間違いや不自然な英語を修正してもらえる。何度も繰り返しアンチョコを作るうちに会話の構成能力と精度が向上し、時間をかけずに作れるようになるだろう。オンライン英会話を始めた当初は、二時間ぐらいかけて辞書を引き引きアンチョコを作っていた。今ではレッスン中に話す会話量の倍程度のアンチョコを、正確を期さなけば一時間ぐらいで作れるようになった。また、繰り返し作ることで脳みそに単語や構文が定着するのか、毎度話す内容であればスラスラと口から出るようになった。

オンライン英会話を休んでいる間は、第二言語の勉強方法について勉強しようと思っている。この二十年間は英語を手探りで勉強をしてきた。もっと効率的な勉強方法があるはずだ。周りにそういう人がいないので真偽のほどは不明だが、TOEICの試験対策をすることで、一年も経たずに一気に900点台までスコアを伸ばす学習初心者もいるそうだ。もしそうであれば、英会話の学習方法も洗練できると考えている。

仕事を辞めた後に。

遅くても年内で今の職場を離れる予定だ。派遣社員は契約を更新しなければいいだけなので、アルバイトと同じくらいお手軽に仕事を辞めることができる。辞めた後はすぐに、また派遣社員として他の職場で働くつもりで、今は仕事探しの準備を進めている。派遣の求人は、派遣先が求める就業開始日の一ヶ月前あたりから出てくる。だから、まだ応募できる求人はない。今月できることは、来月末に受けるCompTIA Cloud+の勉強と履歴書と職務経歴書を書き直すぐらいだ。来月、夏休みで一週間ほどベトナムに行くので、旅行から帰ったら仕事探しを始めるつもりだ。

仕事探しの準備と一緒に、しばらく海外に滞在する準備も進めていこうと思っている。年内に次の仕事が上手く決まらなかった場合、二、三ヶ月ほどのびりと海外で過ごしてもいい。午前中は語学学校に通い、午後は適当に小説でも書いて時間を潰しながら、現地人と同じ日常生活を味わってみたいのだ。思うように次の仕事が決まらなければ、またシステム監視の仕事をするしかないし、今更焦ったところでどうしようもない。それに焦らないように、この一年間、毎日オンライン英会話のレッスンを受けるなどして、自分の職能を高める努力をしてきたのだ。どうせならITの検定がもう一つあると安心だ。だからCompTIA Cloud+を仕事を辞める前に取得できると嬉しい。二、三ヶ月働かなかったとしても、帰国後すぐに仕事に就けると自分を信じたい。