ノマド探求

海外移住準備記

仕事

唐突にLPICレベル2の勉強を始めることにする。

まだ働き始めて一ヶ月強しか経っていないが、仕事を辞めたい。しかし、辞めれば辞めたで不安になるし、何とか今の衝動を抑えられないものかと考えていた。 今の仕事を辞めた後に再び仕事に就けるかどうかが不安の元なので、少しでも再就職に役立つよう検定の…

働き始めて心が筋肉痛になる。

働き始めて二週間が経った。半年間もプラプラしていたので、朝起きて電車に乗るだけで、すごい疲れた。 無職の時は、朝起きてからその日のことを考えれば良かった。雨が降っていれば家でゴロゴロし、晴れていれば外でゴロゴロする。今日は何をしようかな、と…

今週は複雑な気持ちの一週間だ。

来週から半年ぶりに派遣で働き始める。働くことを考えると憂鬱になるが、再び定職に就けた安堵感も大きい。定職に就くことは食い扶持を確保するだけでなく、社会的な認知を受けるにも必要なことだ。無職で過ごしていると、いたるところから無言の圧力がかか…

四月から派遣で働くことになった。

派遣の仕事が決まり、四月から働くことになった。またシステム監視の仕事だ。運用の仕事に就きたかったけど、ことごとく書類選考で落ちてしまった。前の仕事を辞める時に用意しておいた無職期間中の生活費が尽きてしまい、仕事を選んでいる余裕はあまりなか…

ビジネス英語への解答。

ビジネス英語は何かについて、自分なりに解答を出したい。ビジネス英語が仕事で使う英語を指していることは分かる。しかし、具体的に何ができれば良いのか、そのためにはどうやって勉強すれば良いのか、曖昧なままに英語の勉強を続けてきた。TOEIC S&Wテスト…

自分の育成戦略を考える。

前々から思っていたことがある。どの検定を受けようかとか何の勉強をしようかとか考えることは、RPGにおけるキャラクターの育成戦略を考えることに似ていないだろうかと。人生をRPGになぞらえたエッセイも出版されているぐらいなので、似ていると思った人は…

ビジネスモデルについて考えた。

小説を書く前に、企画をまとめて小説の母体となる企画書を作ることにした。高い顧客満足を得るには商品の完成度が重要になる。軸となる構想と設定を詰めないと失敗する公算が高い。 書きたいから小説を書くのではなく、お金を稼ぎたいから小説を書く。創作物…

不安に苛まれ始める。

昨年の九月末で仕事を辞めてから三ヶ月が経った。最近、将来への不安にジワジワと苛まれている。この不安は潮の満ち引きのように一日に何度か襲ってくる。プー太郎の時に割とよくある精神状態で、気は滅入るが悲嘆に暮れることはない。若い頃から場数を踏み…

好きな場所で仕事をするには。

好きな場所で仕事をするには、当然ながら好きな場所で仕事ができる仕事に就く必要がある。では,どうやってそういう仕事を見つけて,その仕事に就くかが問題だ。 好きな場所で仕事をする方法は,二種類あると思う。一つは,会社に帰属するなり契約するなりし…

ビジネス英語とは何だ。

派遣の求人を見ていると,応募条件としてビジネス英語とかビジネス英会話とかを挙げている求人がある。また,日常英語や日常英会話という条件もある。このビジネス英語と日常英語が,どの水準での英語の運用能力を期待しているのか不明瞭なため,いつも応募…

ポートフォリオのようなもの作りたい。

年始から働き始める準備のため,派遣の面接を受けたり,海外の求人に応募したりしている。面接を受ける時にいつも困るのが,薄っぺらい職務経歴だ。自己紹介の一部として職務経歴を話すが,箇条書きにした内容を読み上げる程度で終わってしまう。自分も相手…

小説の構想を練り始める。

ここしばらく,副業を始めるためにライトノベルの市場調査をしていた。市場調査といっても,大きな本屋に行って山積みされたライトノベルを立ち読みしていただけなので,確固とした数値は調べていない。主観と先入観,および偏見を基にして出した結果は,こ…

派遣会社を出し抜けるか。

仕事を辞めてから二ヶ月経ち,最初の一ヶ月で飲み食いに使った浪費が祟り,生活費が心許ない懐事情となった。恐らく,年始あたりから派遣社員で働くことになるだろう。アルバイトの時給では今の生活水準を維持できない。まして,正社員になるのは難しいし,…

理想と現実の乖離。

理想と現実というか,厳密には自分で考えている自身の市場価値と実際の市場価値の乖離を痛感した。 九月末で派遣の仕事を辞めた後,日本から離れるために家を引き払い,しばらく海外に住もうか迷っていた。八割は,また派遣で働きながら海外移住の準備を進め…

仕事で色々と話してたことが分かった。

英会話の勉強をしようと思いつき,仕事で話していた客との会話を日本語で書き起こしている。この会話を日本語から英語に直し,構文と単語,表現を覚えればテクニカルサポートで必要な英語を習得できると考えたからだ。 書き起こし始める前は,担当していた製…

現地採用であること。

無職で暇なことにかこつけ,海外の現地採用の求人を物色している。移住するなら東南アジアがいいかなと考えているので,タイとかベトナムあたりで何かできる仕事があればと思ったのだ。 今のところ応募できそうな求人として,IT関連の仕事を調べている。給与…

派遣会社を選ぶ時。

規模の大きい派遣会社と小さい派遣会社のどちらがいいのだろうか。派遣の登録をする時にいつも迷う。それぞれに長所と短所はある。 大きい派遣会社だと求人がたくさんあるので,希望の条件を満たす求人もすぐ見つかるし,一社に登録するだけで複数の案件に応…

履歴書関連は準備ができた。

移住に失敗して帰国した後の準備として,日本での就職活動に使う履歴書と職務経歴書を用意することを考えている。 履歴書と職務経歴書は派遣の仕事を辞める少し前に作り直したが,改めて見返すと改善点を見つけたので,今回の面接にあわせて修正した。以前の…

英文履歴書を書いた。

とりあえず,英文履歴書を書いてみた。レジュメというやつで,日文の履歴書と違い定型はないが,ある程度約束となっている書式はあるので,それに則って書いた。年齢を書くこともないし,応募する求人に必要のない経歴も書く必要はないみたいなので,楽チン…

予定を変更した。

年内は勉強したり旅行したり,働かないつもりだったが,予定を変更した。 十一月は応募したい求人があったら,とりあえず正社員の求人でも応募してみることにした。学歴などの応募条件を満たしていない場合は,あえて応募するつもりはないけど,条件に引っか…

英文履歴書を書くことにした。

近々,派遣会社の面談に行く。英文履歴書があれば提出してくれということなので,これを機会に作成することにした。海外で仕事を探す時に必要になるだろうし。 日本語で書いた履歴書と職務経歴書をそのまま英語に翻訳すればいいかというと,そういうものでも…

売れる要素。

場所と時間を限定されることなく,収入を得るための副業を探している。当初はラノベと株の売買は不確実なので避けていたが,色々と探した結果,その二つが始めやすいことが分かった。 現時点ではラノベの執筆を考えている。まずは,出版社の新人賞に応募し,…

無職となる。

昨日で派遣の仕事が終わり,晴れてというか念願というか,無職の身となった。 同じ製品を担当していた人から賛辞を送られたことが,とても嬉しかった。プラプラと生きている人間の意地として,働く時は自分を偽ることなく,精根尽きるまで働くことに決めてい…

あと一週間。

今の派遣の仕事を今月末で辞める。現場で習得できる技術と知識は,ほぼ吸収できたし,特に心残りはない。吸収した技術と知識は体系的にまとめて,次の仕事で活かしたい。 監視,テクニカルサポートとIT業界初心者が通る業種を四年強やってきたので,技術者と…

やってきたことを言葉で説明する。

九月末で今の派遣の仕事を辞めるので,その後の就職活動を考えて今から準備を始めている。職務経歴書には仕事の内容を書くが,それを具体的に補足するために面接でどう説明するか,きちんと言葉にして説明する準備をしている。この準備を進める中で,いくつ…

すべて副業にする。

収入のすべてを派遣の仕事に頼っている。この派遣の仕事を本業と考え,徐々に副業の比率を増やしていくことを考えていた。しかし,いつまで経っても副業が定まらないので,派遣の仕事も副業と考えることにした。 平日八時間以上を職場で過ごすだけでなく,日…

ワークライフバランス。

派遣のサイトを見ていると,時々,ワークライフバランスを謳って勤務時間を短縮した求人を見かけるようになった。仕事以外の生活を充実させるためには,確かに勤務時間を短縮するのも一つの手だと思うが,精神的な観点からもこの概念を復旧させて欲しいと思…

新しい働き方を模索する。

同じ職場で働き続けるという働き方が,耐えられない性分だ。どんなに仕事が楽で人間関係が良好でも,二,三年すると飽きてしまい,働くのが苦痛にってしまう。前の職場がまさにそんな感じだった。同僚は仲の良い人ばかりで,辞めた今でも時々飲みに行く。家…

貧乏を避ける。

お金をたくさん持っていても,必ずしも幸せになれるわけではない。ただ,お金がないよりはあった方が良いことは事実だ。九月末で派遣の契約が終了し,十月から無職になる。少し前までは,無職になったら家を引き払い,その勢いで海外に移住しようと考えてい…

二万円もするキーボードを買った。

二万円強のキーボードを購入した。理由は,副業として情報サイトとライトノベルで金を稼ぐため,まず金を稼ぐ環境を整えようと考えたからだ。商売道具にケチる奴に良い仕事はできない。 モニターは,十年前にだいぶ奮発して買った,NECのモニターで十分だと…