ノマド探求

海外移住準備記

仕事

貧乏を避ける。

お金をたくさん持っていても,必ずしも幸せになれるわけではない。ただ,お金がないよりはあった方が良いことは事実だ。九月末で派遣の契約が終了し,十月から無職になる。少し前までは,無職になったら家を引き払い,その勢いで海外に移住しようと考えてい…

二万円もするキーボードを買った。

二万円強のキーボードを購入した。理由は,副業として情報サイトとライトノベルで金を稼ぐため,まず金を稼ぐ環境を整えようと考えたからだ。商売道具にケチる奴に良い仕事はできない。 モニターは,十年前にだいぶ奮発して買った,NECのモニターで十分だと…

副業を探す。

移住後も断続的に収入を得られるよう,場所を選ばずに働くことができる副業を探している。去年の計画では,今頃は副業で僅かながらも稼げており,徐々に稼ぎを大きしていく予定だったのだが,稼げていないどころか副業を始めてすらいない。稼げる仕事が見つ…

下層ノマドとして生きる。

時間も場所も選ばす,好きな時に好きな所で働くことができる特権的ノマドもいれば,私のように単に仕事が長続きせず,職場と勤務時間が頻繁に変わらざる得ない下層ノマドもいる。後者の場合はおしゃれな喫茶店や自宅が仕事場ではないので,ノマドワーカーの…

身だしなみについて。

40歳を超えると老化現象だけでなく,それまでの生き方が形となって外見に表れてくる。経験と知識が血肉となり,自信を蓄えた穏やかな笑みが魅力のロマンスグレーなナイスミドルなら大歓迎だ。しかし,私のように精神的に不摂生な生活を続けていると,顔は幼…

移住先で何の仕事をするか。

そろそろ,移住先で仕事を探すための準備を始めることにした。しかし,何をしていいのかよく分からない。とりあえずネットで調べた限りでは,タイだと日系IT企業の営業か居酒屋の店長ぐらいしか仕事はなさそうだ。それでも営業か店長の仕事があればマシな方…

薄っぺらい職務経歴書。

とりあえず,職務経歴書を書き直してみた。今の派遣の仕事を始める前に,職務経歴書を書き直したので,二年ぶりの改訂作業となった。第何版になるかは分からないが,職場が変わる度に職務経歴書を頻繁に書き直している時点でろくなものではない。さらにアル…

移住先での仕事。

今年の六月末で派遣の仕事を辞めて日本を離れる予定だ。そろそろ移住先での仕事について調べ始めようと思っている。移住先で仕事を得ることができても,日本語を話せる以外に何の職能も必要ない仕事に就くことになるだろう。だいたいどんな仕事になるかは,…

休日が終わる。

特に何をするわけでもなく,三連休が終わってしまった。土曜日と日曜日の二日連続で友達と飲みに行ったので,何もしていなくもないのだが,平日は仕事だけして一日が終わり,休日はこういうダラダラとした実りの少ない過ごし方をしていると,時間が過ぎてい…

二十代の職務経歴。

去年の年末までに書き直すはずだった職務経歴書を,まだ書き直していない。働いていない時や短期のアルバイトしかしていなかった時ことを,どうやって書いたらいいか考えあぐねていたせいだ。何か仕事の役に立ちそうなことは書いて,経歴の空白を埋めようか…

労働者階級の底辺として生き残るには。

四十歳を過ぎてなお,世間からは蔑視だけでなく,憎悪すら向けられるような生き方をしている。この先も正社員として働くことはないだろうし,働けるとも思っていない。良くて契約社員か派遣社員,それが叶わなかればパートかアルバイト,そもそも働き口がな…

派遣社員の働き方。

派遣社員として働いていると,三ヶ月に一度,契約の更新がやってくる。派遣切りという憂き目に遭ったことはまだないし,別に切られたところでどうでもいいやと思っているので,割合強気に給料の値上げを迫ったりしている。派遣で働く限り同じ職場に長くいる…

これだけあれば,なんとか生きていける金額。

一ヶ月にどのくらいお金があれば文化的な愉悦を享受しながら生きていけるのか,計算したことがある。生きていれば時々楽しいこともあるんだな,と思える生活を維持できる月収だ。今の生活だと,家賃と光熱費,食費,携帯電話やインターネットプロバイダーに…

成人式の思い出。

成人式には出られなかった。二年目の浪人生活を送っていたため,進学している同級生と会うことで,行く末の分からない自分の人生を直視させられるのが辛かったのだ。何も悪いことはしていないし,浪人していることは恥ずかしいことではないのだから,出れば…

二十代の頃。

履歴書を書き直すため,二十代の頃に何をやっていたのか思い返してみる。そして,やはり,ほぼ記憶に残っていないことに気付く。 二十代の十年間は,働いてもいなかったし,遊んだもいなかった。何をやっていたのかと言えば,夢と言い切ることができない,お…

履歴書の隙間を埋める。

移住先で仕事を探す時のために履歴書を作り直している。中年フリーターに典型的なスカスカの履歴書だけど,見栄えだけは何とか良くしようと思案している。履歴書を埋める職歴を作り出すことはできないので,何かで埋め合わせをするしかないからだ。 惰性にま…

派遣で働くこと。

日本ではどんな生き方をしてきても,なんとか食べていけるどころか,文化的な愉悦を享受できるぐらいのお金は稼ぐことができる。三十代後半までフラフラと,まともに働きもせず生きてきたが,まじめに働いてみたら,それなりにお金を稼がせぐことができた。…

引き続き副業を探す。

海外に移住した時に移住先でもできるという条件で副業を探していた。しかし,個人で仕事を請け負えるような技倆はないため,副業探しが難航したのは予想通りだった。予定通りに移住を進めるためには,少し条件を変えて副業を探す必要がでてきた。 外こもりを…

動機の捏造。

履歴書を書く時にいつも悩むのが,過去の職歴にどのように一貫性を持たせるかだ。今まで一度も正規雇用で働いたことがないし,同じ職場で三年以上働いたこともない。非正規雇用で働き続け,職を転々とした理由はたくさんある。だから,一つのまっとうな動機…

今後の課題

移住するにあたって,今のところ課題は三つある。英文履歴書を作ること,ITの検定試験を受けること,それから在宅でできる副業を見つけることだ。また,おまけで趣味も探している。 英文履歴書の作成は,移住後に何かやりたい仕事や働きたい職場が見つかった…

副業を探す。

移住後に生活費の足しとするため,日本でも海外でも時間と場所を選ばないでできる副業を探している。 今年の年末までに条件に合う副業を見つけて,仕事を始めようと考えている。日本での生活だと,貯金をしながら文化的な生活を享受するには,月に三十万円の…

副業を考える。

副業を何か始めようと考えている。副業を始める理由は,移住後の収入源の確保にある。そのため職場を限定しない仕事,最低限在宅でできる仕事が条件となる。 移住後に定職に就ける可能性は低し,就けたとしても就業条件はかなり悪いだろう。当面の生活費は貯…

外こもりについて。

日本で働いてお金を貯め,そのお金を生活資金として日本よりも物価の安い国で気儘に生活することを外こもりという。これも移住のやり方の一つとして,上手くやればありかなと思う。問題は外こもりを何歳まで続けることができるかだ。 生活資金の足しとして,…

空回りする。

移住の準備期間は,最長でも来年の夏までと考えている。準備は進めてはいるが,実際に移住する算段はついていない。移住している間に日本でやる必要があること,移住が失敗して日本に帰ってきた後のことは,ある程度の予測がつく。その準備として,移住して…

派遣で生き延びる。

四十歳を過ぎて,自分の可能性つまりは自分の将来についてある程度,達観ができるようになった。移住に失敗すると,恐らくは派遣社員として働き続けることになる。派遣で生き延びる条件としては,少なくとも三つあると考えている。一つは自身の職能を自力で…

派遣で働くということ。

この先,起業するか玉の輿に乗るかしない限りは,ずっとアルバイトか派遣で働くことになるだろう。一日の生活費は千円あれば十分なので特に問題はないが,非正規雇用だと肩身が狭い。二十代の頃は免除されていた世間体が,四十歳を超えると冠婚葬祭などを筆…

履歴書をそろそろ書き始める。

そろそろ移住先での就職活動のために準備をしようと思っている。まずは,英文履歴書の作成からだ。しかし,英文であろうと和文であろうと同じことだが,四十歳を過ぎて正規雇用で働いた経験がないので,履歴書に何を書いていいのか分からない。当然,いつも…

ノマドな職業。

ノマドという働き方は、働く時間と場所を自分で選べる働き方のことだと思う。そうすると,日常生活のリズムに合わせて喫茶店で仕事をするだけでなく,定時と職場が決められた会社で働いても,自分で選んだ働き方であればノマドワーカーになる。語源となった…

仕事で英語を使って感じたこと。

仕事で英語を使って感じたことは,自分が考えていた以上に基礎ができていないなということだ。TOEICの勉強はテスト勉強であることを痛感した。 仕事の内容を簡単に書くと,ソフトウェアのカスタマーサポートをやっている。主に障害などのトラブルシューティ…

経験を還元する。

英語を使って仕事をすることが,ここ最近の目標だった。そのためにTOEIC対策の勉強を始めたのが五年前になる。それまでも英語の勉強はしていたが,実践で使った方が早く習得できると考え,派遣で働くためにTOEICの点数を上げることにしたのだ。テスト対策を…

コネ。

希望の職種に就くには,コネを作って紹介してもらうのが一番確実な気がするがする。とりあえずはその職種が存在する会社に潜り込んで,その中で信頼を得ながら動いていく。それが駄目なら職場を変える。問題はどの程度,その職場にいるかだと思う。十年も時…

無職であったワケ。

無職であった期間は確実に就職活動では不利になる。しかし,現実に無職であったのだから仕方がない。そこは糊塗することなく履歴書に書く必要があるし,なぜ無職だったのか理由も面接で説明できないと駄目だろう。その当時の状況と矛盾しなければある程度の…

副業を探す。

副業を何か探すことにした。移住先でも会社に入って仕事をするつもりだが、いくつでも他の収入源を確保しておいたほうが安心だと思う。ビザの問題から会社には入らざる得ないし、辞めることもできないだろう。ただ、万が一辞めてしまった時のことを考えて、…

他の可能性を検討してみる。

日本の求人を載せている転職サイトを見ていると、飲食チェーンの海外店舗で店長を募集していることがある。外食産業と海外赴任という難易度の高さだが、実際に働くとどうなんだろう。現場経験者のブログなどを調べれば実態は分かるはずだ。朝から晩まで働い…

市場調査が必要。

職務経験だけでなく、まともな技能も持っていない。就職に役立つ技能といえば床で寝れることぐらいだ。移住計画に従えば、二年後までに履歴書に書ける技能を習得する必要がある。 現実的に考えると、今派遣で働いているIT業界での職務経験を活かして働き口を…