読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ノマド探求

海外移住準備記

身辺整理

家財だけでなく人間関係も含めて身辺整理を本格的に始める。 来年末までに準備を終え、機運が熟れたらすぐに移住ができるよう態勢を整える。そのためには家財の購入はなるべく控え、生活必需品だけを残して捨てるか売るかするつもりだ。最終的にはボストンバ…

勉強方針。

移住先ではIT業界で働こうと考えているが職種は決めていない。応募できる求人の対象範囲を広げるため幅広い知識をつけようと思っている。職務経験は実際に働かないと得ることはできないが、知識なら独学で何とかなるし。 漠然とはしているが具体的な勉強の計…

他の可能性を検討してみる。

日本の求人を載せている転職サイトを見ていると、飲食チェーンの海外店舗で店長を募集していることがある。外食産業と海外赴任という難易度の高さだが、実際に働くとどうなんだろう。現場経験者のブログなどを調べれば実態は分かるはずだ。朝から晩まで働い…

市場調査が必要。

職務経験だけでなく、まともな技能も持っていない。就職に役立つ技能といえば床で寝れることぐらいだ。移住計画に従えば、二年後までに履歴書に書ける技能を習得する必要がある。 現実的に考えると、今派遣で働いているIT業界での職務経験を活かして働き口を…

準備としての仕事。

移住を真剣に考え始める前は、書類を申請したり、日本で身辺整理するのが準備だと思っていた。それは準備に違いないが事前準備であって、移住先で生活環境を整えるための準備がもっと前から始まる。働き口を探すことも、その準備の一つだ。 需要がある職種で…

英語とIT。

移住先で金を稼ぐには、どの職種に就けばいいか。これは目的による。海外のほうが金を稼げるので海を渡る狩猟民族のような人もいれば、異文化に惹かれて異国の地に根を下ろす人もいるだろう。前者は、業種を決めて勝負する経験者か、最低限その業種に通暁す…

英語を使う。

TOEICの点数さえ上がれば、英語が使えるようになると考えていた時期があった。この思い込みは、英語ができない人達が巻き込まれる狂騒に俺も巻き込まれた結果だ。 英語を使う仕事に就こうと10年ぐらい前から派遣の求人広告を見ている。仕事内容として英語の…

英語の勉強。

英語の勉強は15年以上も続けている。でも、英語を使うことを考えて勉強を始めたのは、東日本大震災が起きた年からだ。それまではTOEICの点数にしか興味がなかったので、テスト対策の参考書ばかりを読んでいた。 なぜ英語を使う勉強ではなくTOEICの勉強をして…

とりあえず勉強。

収入源を確保しないで渡航すれば、いずれは金が尽きて帰国するか異国の地でホームレスになってしまう。移住先に根を下ろすことを考えるのなら、日常生活を送るためにお金を現地で生み出す必要があるのだ。そのために現地で稼ぐ能力を身につけることが、移住…

海外での就活時に役に立つもの。

移住を試みるのは二、三年先のことになるが、今から準備をしている。生活費用を確保するために現地で働かなくてはならないので、活かせる知識と技術は何かと考えてみた。 移住先の現地語を話せないなら、せめて英語だけでも話せないと仕事を得ることは難しい…

移住先での収入源について考える。

どのくらい必要かは人によって多寡があるけど、生きていくにはお金が必要だ。なので、蓄えがなければ働くしかない。モノやお金を請うという選択肢もあるが、それでは移住先の文化を享受する自由が著しく制限される。うまい棒ぐらいは食べたい時に食べる自由…