ノマド探求

海外移住準備記

無職であったワケ。

無職であった期間は確実に就職活動では不利になる。しかし,現実に無職であったのだから仕方がない。そこは糊塗することなく履歴書に書く必要があるし,なぜ無職だったのか理由も面接で説明できないと駄目だろう。その当時の状況と矛盾しなければある程度の脚色は許されるので,できるだけ前向きな理由を考えるようにしている。どんな人間でも必ず明快な理由があって行動しているわけではない。それに行動した時の気持ちなんて一つではないだろうし,言葉で説明できる人は少ないと思う。理由の後付けなどいくらでもあることだ。ただ,それが明らかに現実に反していると嘘になってしまう。簡単な嘘はすぐ見破られるから,指摘されなければ見破られていないと思うのは浅見だと留意する。面接で指摘されなければ,どうでもいいことなので悶着を起こすのが面倒くさいだけだろう。