ノマド探求

海外移住準備記

コネ。

希望の職種に就くには,コネを作って紹介してもらうのが一番確実な気がするがする。とりあえずはその職種が存在する会社に潜り込んで,その中で信頼を得ながら動いていく。それが駄目なら職場を変える。問題はどの程度,その職場にいるかだと思う。十年も時間をかけてしまうと,旬と言われる三十代になってしまうので遅すぎる。三年ぐらいが目処なのではないかな。それでも一人前の経験を積むのに十年かかるとしたら,新卒で働いたとしてもせいぜい三社程度しか転職はできない。俺の場合は,旬の三十代を過ぎてからまともに働き出したので,敗戦処理に近いのだろう。今更,コネを作ったところで何もならないが,楽しんで働ければいいかなという気楽さもある。

コネというと血縁とか学閥という固定されたイメージを思い浮かべるけど,働いてその中で実力を認めらるのも信頼という立派なコネの一つだ。かなり水準の下がる話になるが派遣の仕事でも同じだ。派遣の登録をしても,いきなり人気の高い得意先に売り込む所は少ないと思う。不良品を納入してしまえば,営業担当者の信頼が損なわれてしまうからだ。だから,頑として派遣先を譲らないで頑張るよりも,二,三年その派遣会社の紹介した派遣先で働いて,信頼を得た上で希望の職場に売り込んでもらうのが確実な方法だと思う。例え駄目でも職務経験は得ることができるし。時間はかかるけど,譲らなければいつまで経っても職務経験を積むことができない。

移住先で仕事を見つけるために,日本でコネを作る努力をすることにする。今は派遣でIT企業で働いているが,これでコネが作れるかというと微妙なところだが,情報収集はできる。いろんな所に顔を出して移住したいことを話せば,どこからか話が出てくるかもしれない。面接で一回か二回,顔を合わせただけの人よりも,一緒に飲んで色々と雑談した人の方が有利だろう。それに就職活動より,この方が断然面白いし。