読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ノマド探求

海外移住準備記

英語を勉強するには。

ここ一年ほど,仕事で英語を使って思ったことは,文法を確実に理解した上でないと,英語を体得できないということだ。

英語を体得するには,やはり繰り返し英語を使って感覚に刷り込むしかない。しかし,日常生活で日本語を使って生活する限り,感覚で身につける前に頭で理解する必要がある。英会話学校で勉強しようが,仕事で英語を使う環境に身を置こうが,参考書で文法を勉強することからは,逃れられない。ただ,英語に関する委細な理論を勉強して,英語オタクになる必要はない。共通の規則として基本的な文法さえ知ってしまえば,あとは実践あるのみだ。しかし,この規則がおぼつかないと,伝えたいことが伝わらないという致命的な齟齬が生じる。

私の経験からお薦めできる参考書は,ALL IN ONE Basic (高山英士 Linkage Club)だ。出身校など著者の経歴が不明なところはあるが,英語に対してとても真摯に書かれた良い本だと思う。英語の勉強を始めようと思ったが何を勉強すればよいか分からない人は,まずこの本を読んでみるといい。一年前ぐらいに出た比較的新しい本だし,基本的な文法はこの本一冊をしっかり勉強すれば,ほとんど身につく。同じ著者の ENGLISH EX Grammar Usage (高山英士 Linkage Club)もお薦めだ。こちらはより高度な文法について書かれた参考書で,ALL IN ONE Basic のおさらいとして読むといい。その後は,ひたすら綺麗な英文を読み,その中で気になったことをオックスフォード実例現代英語用法辞典(研究社)などで調べながら,英語の使い方を理解していくのが効率的な方法だと思う。

適当な英文が見当たらなければ,興味のある分野で英語の本を読むといい。興味のない小難しい文章を読んでも長続きしないので,そいうのはテスト前だけにして,とにかく読んでて楽しい文章を読むのがコツになる。私の場合は,Lonely Planet を拾い読みしたり,BBCのアプリを入れて興味のある記事だけを読むようにしている。この勉強方法は,TOEICの点数の上げるには残念ながらあまり貢献しない。しかし,英語の文法を理解し定着させるには,お薦めできる勉強方法だと思う。