読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ノマド探求

海外移住準備記

本の処理に困る。

一年前ぐらいから不要な本を売ろうと考えている。これは駄賃を稼ぐというよりも,移住の準備を進めるため荷物を処分したいからだ。英語の参考書やIT関連の本などはギリギリまで手元に置こうと考えているので,画集や哲学書などの趣味の類いが段ボール一箱分,部屋の片隅で鎮座している。一層のこと捨ててしまうという手っ取り早い方法あるが,日本を離れた後は,恐らく長期間に渡り収入が途絶えることになるので,金になる物はできるだけ金にするようにしたいし,そういう癖をつけておこうと思う。

なぜ一年も放置していたかといえば,単にどこに売れば良いのか分からなかったからだ。郵送で引き取ってくれる業者は多数あるが,どこが一番高く買い取ってくれるのか探すのが面倒で,手をつけていない状態だ。暇な時にネットで業者を調べているが,輸入した本は引き受けてくれなかったり,画集などの趣味本は高く買い取るが,学術書は買い取り価格が安いなど,業者を一社に絞ることができない。調べるのも時間がかかるし,またのその時間がもったいないので,去年は何もしていなかったが,今月中には売り払いたい。高く売れなくても,売り払って移住の準備を進める方が優先だ。

それに,買い取ってくれる業者を探すのに時間と手間をかけるのが,少しアホくさくなってきた。何もせどりで生計を立てようとするわけではない。捨てる物を少しでも駄賃に変えることができれば,それで目標は達成するのだ。金にできる機会があるうちに金になるものは金に変えて,さらに次の機会に備えればいいだけなのだ。欲深い貧乏人にありがちなことで,損をしたわけでもないのに,少しでも高く売れる機会があったことに気付くと,猛烈に損をした気になる。そして,物を溜め込み,結局は金を手にする機会を失うことになる。日本昔話にでてきそうな行動原理があてはまってしまう。