ノマド探求

海外移住準備記

派遣社員の働き方。

派遣社員として働いていると,三ヶ月に一度,契約の更新がやってくる。派遣切りという憂き目に遭ったことはまだないし,別に切られたところでどうでもいいやと思っているので,割合強気に給料の値上げを迫ったりしている。派遣で働く限り同じ職場に長くいるつもりはないので,給料を上げてくれなかったらさっさと現場を移ればいいだけだ。給料が上がらなくても,待遇や就労環境が改善され居心地が良くなれば,それはそれで契約を更新する動機にはなる。もちろん,強気で交渉した場合,派遣先と派遣会社からの要求や条件もその時点で出てくるので,色々とやることが増えたりして,今まで通りには働けなくなったりもする。

仕事で結果を出さない限りは,いくら努力をしても期待値分しか給料は上がらない。結果も独りよがりの成果ではなく,派遣先と派遣会社が求める結果になるので,頑張りが思った以上の評価につながらないこともある。また,派遣社員の給料というのは,派遣先から派遣会社にお金が支払われ,そこから何割か引かれた後,手元に残ったお金が渡される。なので,いくら派遣先からまとまったお金が派遣会社に落ちても,そこでがっつりとピンハネされてしまえば,当然もらえるお金は少なくなる。引かれたお金は厚生年金などの社会保障費をまかなうとともに,派遣会社の社員の給料となる。さらに内部保留をして他の派遣社員の給料に付け替えたり,誰かがバックれた時の補填に使われたりもする。派遣会社の懐に入ったお金は派遣社員が稼いだお金の一部なのだから,彼らを代理人兼保証人としてこき使っても問題はないが,この辺の考え方はあまり浸透しているとは言い難いし,実態は違う。

派遣先から支払われる単価を教えてくれる派遣会社が少ないのが,その証拠だ。彼らはさっ引いたお金の分,仕事をしていないと自覚しているので伝えられないのだろう。派遣先から支払われる自身の単価を教えてもらった時,初めて対等の立場に立てるのだと思う。つまりは,派遣会社が引いたお金の分,彼らは代理人兼保証人の仕事をして,派遣社員に示すだけの結果をきちんと残していると言うことだろう。派遣会社は派遣社員の敵ではないが味方ではない。ただ商品の流通を仲介する商人だ。全幅の信頼はありえない。正社員として雇われている感覚で働くと馬鹿を見る。言い方は悪いが,彼らの多くは派遣社員の商品価値を上げるよりも,同じ現場で安定して利益を生み続けてくれることを願っている。手がかからず,何もしないでも懐にお金を入れ続ける人をポン引きは求めているのだ。ヘタに能力を向上させる機会を作ってしまえば,今の現場を辞めて他の派遣会社に移る可能性も出てくる。その辺は製造元とが商品を納めるように,値上げと取引終了をちらつかせつつ良い関係を作り,自分の商品価値は自身で上げる努力をするしかない。