読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ノマド探求

海外移住準備記

移住先で何の仕事をするか。

そろそろ,移住先で仕事を探すための準備を始めることにした。しかし,何をしていいのかよく分からない。とりあえずネットで調べた限りでは,タイだと日系IT企業の営業か居酒屋の店長ぐらいしか仕事はなさそうだ。それでも営業か店長の仕事があればマシな方で,何も仕事がなければコールセンターで働かざるを得ないだろう。ベトナムだとSEなんかの仕事もちょくちょくあるみたいだ。

タイで現地採用で働く場合は5万バーツから7万バーツぐらいが給料の相場で,日本円だと15万円から20万円ぐらいになる。家賃の相場を把握できていないので感覚としてぱっとしないが,タイではそこそこの給料なのだそうだ。それでもバンコクの物価を考えると,屋台で食べるチキンライスが120円から150円ぐらいなので,決して豪遊できるような稼ぎではない。日本人が考える東南アジアでの暮らしは,ほぼ駐在員並みの給料がもらえることが前提となっている。コールセンターだと相場が時給200バーツぐらいだから,月給で3万バーツつまりは12万円ぐらいなので,この稼ぎだとほぼ日本のコールセンターで働くのと同じぐらいの生活水準になるだろう。コールセンターで働く場合はワーキングホリデーだと割り切り,貯金の切り崩しを覚悟することになる。

移住先で何か商売を始めるという手もあるが,売り込める技術と知識はないし,人脈を作るところから始めるならかなり厳しい。実際に始めるのであれば,比較的敷居が低い日本人相手の居酒屋か民宿になる。ただ,初期投資にあれこれかかるし,リスクが高い割にはリターンが少ない気もする。初期投資がかからず身一つで働けるノマドワーカーが理想だけと,あれは情報商材で稼ぐ人が宣伝のために作り上げた理想像で,実際に稼げる給料などスタバでMac広げている程度では小遣いにすらならいだろう。人並みの給料を得ることができるには,それこそハッカーかベストセラー作家並みの仕事ができないと,住所不定の人間にはまともな金など稼げそうにない。ハッカーやベストセラー作家自体,理想像に過ぎないのかもしれないけど。

日本で稼いで貯めたお金を元に海外で暮らす外こもりの方法を取るか,それとも現地採用でまともにコツコツと働くか,一念発起して現地で商売を始めるか,半年ぐらいは移住先で生活しながら様子を見てみたい。それでも半年食いつなぐだけど,ある程度まとまったお金が必要になる。