ノマド探求

海外移住準備記

英検一級の結果。

今月の初旬に受けてきた英検一級の結果が返ってきた。予想通り,不合格だった。しかも,正解率は半分以下という,厳しい現実を痛感させられる結果に終わった。

試験の準備期間は基本情報技術者試験が終わってから,約一ヶ月半しかなかった。試験対策が不足していたのは否めない。しかし,仕事で英語を使っているし,英語の勉強は十年以上も続けてるので,正直もう少し点数が取れててもいいはずだ。前回,前々回に受けた結果と,たいして変わりないということからも反省が必要だ。

正解率は,リーディングが44%,リスニングが41%,ライティングが47%だった。リーディングの正解率が低いのは英単語がボロボロだったからで,そこそこ合格点に届く可能性は見えた。リスニングは戦意喪失状態で受けたので,まぁ,こんなもんかという感じだが,日常会話の問題だと一問しか正解していなかった。TOEICでも日常会話の問題が弱いので、今後は重要的に勉強していきたい。そもそも,細かいところまで聞き取る能力が不足している。ライティングに関しては、根本的な対策が必要かな。

リスニングは通勤時間に歩きながらBBCを聞き流しているだけなので,きちんと時間を確保して聞き取る練習をしないと,いつまで経っても合格点に届かない気がする。ライティングに関しては,仕事で普段から英文を書いているが,やはり単語量が不足している。しばらくは英検を受けることはないが,この辺を意識して英語の勉強を続けていくつもりだ。

広告を非表示にする