ノマド探求

海外移住準備記

現地採用であること。

無職で暇なことにかこつけ,海外の現地採用の求人を物色している。移住するなら東南アジアがいいかなと考えているので,タイとかベトナムあたりで何かできる仕事があればと思ったのだ。

今のところ応募できそうな求人として,IT関連の仕事を調べている。給与は日本円にして15万から20万円ぐらいが相場のようだ。物価からすれば現地では高給取りに入るのだろうが,日本から見ればアルバイトの月収だ。まぁ,チキンライス一皿が150円しないので,現地に永住するなら特に問題はない。しかし,いずれ日本に帰ることを考えた場合,海外で働いた経験がどの程度,帰国時の給料に反映されるのかを考慮したい。ただ単に日本と同じ仕事を移住先でするだけなら,その経験は給料にあまり反映されないような気がするのだ。同じ仕事をして現地人以上に給料がもらえるのは,日本語が話せて日本の企業文化を理解できるという,日本人プレミアが付いただけだ。また制度上,日本人に払う最低給与が現地人よりかなり高く設定されている。これは現地人の仕事を奪わないための措置らしい。

現地採用と違い駐在員の給与が日本の水準なのは,日本で働いているが現地でしかできない仕事をするために住んでいるからなのだ。ややこしいけど,職場が日本から海外に変わったのが現地採用者で,出張の延長として現地に駐在しているのが駐在員だ。現地採用者は日本では必要とされていないので,日本よりも現地の水準に合わせた給料になる。駐在員は日本でも必要とされるので,日本と同じ水準の給料になる。

また,給料だけでなく仕事の質も考えないと与太者扱いにされる可能性もある。日本に住む英語教師が母国に帰っても,皆英語を話すのだから英会話教室が繁盛しないのと同じことだ。そこが日本に派遣される英語を母国語とする金融マンやエンジニアとの違いになる。彼らは,母国での必要があって日本に来るのだ。だから,日本で必要とされている現地でしかできない仕事をすれば,帰国後には現地採用プレミアが付き,給料に反映されるのではないだろうか。