ノマド探求

海外移住準備記

不安に苛まれ始める。

昨年の九月末で仕事を辞めてから三ヶ月が経った。最近、将来への不安にジワジワと苛まれている。この不安は潮の満ち引きのように一日に何度か襲ってくる。プー太郎の時に割とよくある精神状態で、気は滅入るが悲嘆に暮れることはない。若い頃から場数を踏み、無職レベルが普通の人と違うことが幸いしている。

仕事を辞めた後、昨年の十一月末まではLPI101の勉強をしていた。勉強をしていると比較的簡単に不安を抑え込むことができる。十二月に入ったら入ったで、年が明けたら頑張ると自分に言い聞かせ、それなりに楽しい正月を過ごすことができた。そして、年が明けて正月気分が抜け始めた先週あたりから、不安と焦燥感で何をしても集中力が続かない状態になっている。

また派遣で働き始めたとして、派遣で働けなくなった後はアルバイトをして食いつなぎ、アルバイトもできなくなったらホームレスになるんだろうなぁ、という将来に対する不安。それから、今何かをしなければいけないのは分かっているけど、何をすればいいのか分からない、という現在に対する焦燥感。結局のところは、自分の将来とやっていることに確信が持てないから、こういう精神状態になるのだ。何か妙案を思いついても、すぐに別の妙案を思いつき翻意してしまう。これが無限に繰り返されていく。

LPI102に合格しLPICレベル1を取得してから仕事を探し始めようと考え、LPICの勉強を始める。そうすると猛烈に派遣の求人情報が気になり始める。LPICの勉強を中断し、派遣の求人サイトで求人を探し始めると、今度は小説を書き上げてから仕事を始めないと、一生派遣で終わってしまうのではないかという不安に駆られる。小説の構想を練り始めると、求職に備えてLPICの勉強をしなければと、また思い始める。そんな感じで、何かに手を付けると、すぐまた別の何かに手を付け始めてしまうのだ。そして、すべてが中途半端なまま一日が終わる。

こういう精神状態に陥った時の対応は人によって違うけど、私の場合は気が済むまで全部をやってみるようにしている。やろうと思ったすべてのことを同時進行で一遍に進める。それから、円滑に進むものがあれば、とりあえずそれを優先して進める。ただ、他のことが気になったら、それも同時に始める。そうこうしていくうちに、当面の間にやることは一つか二つに絞られるだろう。何か行動をしていると不安は退潮するので、取り扱いやすい。焦燥感の方が厄介で、我慢したり無視したりするとそれだけ増大してしまう。私の場合は、自分が納得するまで手を止めないようにしている。例えば、何か思いついたことがあれば、それについて調べて段取りをしてみる。実現する見込みと、それにかかる時間がある程度分かった時点で、今やるべきことが選別できる。思いつくことがなくなると予定が立つので、後は行動に移すだけとなる。

しかし残念なことに、これで上手くいくかというと大抵のことは上手くいかない。こういう精神状態の時に思いつくことは現実逃避が目的なので、大抵は実現する可能性が恐ろしく低い。鳥が上昇気流に乗っても大気圏を超えることができないように、現実の壁は越えることができない。現実を痛感し我に返った後、焦って軽率な行動を取るのがいつものパターンとなっている。