ノマド探求

海外移住準備記

状況を整理する。

仕事を辞めてから四ヶ月が経った。無計画のまま辞めてしまったので、一旦状況を整理し、今後の計画を立てることにした。

まず、海外移住は当分できない。理由は移住先での生活費を工面できないからだ。私の職能では、その国の文化を享受しながら生活し、かつ帰国した時のために貯蓄ができる収入を得られない。去年、少しだけ東南アジアで仕事を探したが、予想以上に自分の市場価値が低かった。もともと四年強しかないIT業界の職歴を頼りに仕事を探したので、ある程度覚悟はしていた。しかし考えが甘かったようだ。私が応募できる求人では、希望する給料には届かない。管理職や開発職などの経験が求める求人でも、希望する給料をもらえる仕事は多くなかった。要するに現地採用の相場を知らなかったのだ。

現地で働くだけなら、それこそ時給200バーツのコールセンターで働けばいいのだが、海外に移住してまで貧乏するのは嫌だ。日本の本社からの紹介など、ある程度まとまった金を約束されない限り、現地採用で働くことはないと思う。しかし、どう考えても日本を離れて働く必要がない人材、つまりは日本で金を稼げる人間を求人側も安い金で求めている気はする。この辺の相場観の乖離は埋まりそうにない。適当な日本人がいなければ、日本語が不自由な以外は優秀な現地の人が集まるのだろう。だから駐在員の給料ように日本の物価を基準にする必要はないし、そもそも日本人を必要としているわけでもない。

また、移住中の生活費を補う不労所得と副業の見通しもついていない。副業として考えている小説は、まだ書き始めてすらいない。出版される約束もないので、ただ書いただけで終わる可能性が高い。自己表現のためであれば目的は果たせるが、仕事として考えた場合、売れない商品が残るだけだ。小説を書く工程を方法論に落とし込み、さらに書き続けることで遠い将来の収入に繋げることはできる。作品ではなく商品としての小説を書く技術を、どうやって身に付けるかが直近の課題だ。どのような小説から、どれだけ収入を得られるのかも、きちんと調べる必要がある。そもそも小説という衰退するメディアよりは、情報サイトを作りアフィリエイトで稼ぐことを考えた方が、現実味があるのかもしれない。

仕事を辞める前に用意した無職期間中の生活費は、すでに尽きた。失業給付の支給も三月末で終了する。四月からの生活費を確保するために、また派遣で働くことになる。三月にTOEIC S&Wテストを受けるので、試験勉強を進めながら遅くても三月初旬には仕事探しを始めるつもりだ。仕事探しのための準備は特にない。履歴書と職務経歴書は書き直したし、LPICレベル1も取得した。二月は引き続き試験勉強と小説の構想を練ることに集中しようと思う。