ノマド探求

海外移住準備記

ビジネス英語への解答。

ビジネス英語は何かについて、自分なりに解答を出したい。ビジネス英語が仕事で使う英語を指していることは分かる。しかし、具体的に何ができれば良いのか、そのためにはどうやって勉強すれば良いのか、曖昧なままに英語の勉強を続けてきた。TOEIC S&Wテストを来月受けるのを機に、ビジネス英語の勉強方法をまとめてみることにした。

まず、今回のテストではスピーキングを中心に対策をおこなう。何もない状態でテスト勉強をするのは厳しい。そこでテストは下記の参考書を使って勉強を進めていく。

  • TOEICテスト スピーキング/ライティング総合対策(浅場真紀子 旺文社)

仕事で使う英語は仕事の内容によって変わるので、テスト対策と違い、ビジネス英語はこれを勉強しておけば大丈夫という標準化が難しい。ビジネス英語について書かれた参考書を読むと分かるが、載っている文例をそのまま仕事で使えることはまずない。電話応対について考えてみれば、名前を聞いたり他の人に電話を引き継いだりする会話は同じだが、電話で話す内容は人や状況によってそれぞれ異なり、文例を全て列挙することはできない。勉強方法を一般化できても、同じ業界かもしくは同じ会社で働いていない限り、内容を一般化することは難しいのだ。

勉強の手始めに、想定できる範囲内で自分の文例集を作ることにした。まだ仕事が決まっていないし、たぶん仕事が決まっても就業は四月からになると思うので、無職のためのビジネス英会話集を作る。無職の英語と言えば、私の場合は無職期間に長期旅行に行ってしまうことが多いので旅行で使う英語になる。しかし旅行で使う英語をビジネスに生かせるのは商社マンとかメーカーの営業とか私には縁のない職種ばかりだ。そもそも旅行で必要なのは英語よりも肉体言語の方なので、旅行で使う英会話はひとまず保留にする。ちなみに、今回の無職期間は旅行に行きそびれてしまいそうだ。

そこで無難に面接で使う英会話集を作る。とりあえずAmazonで評価が高かった下記の参考書を潰して自分の文例集を作った。

  • 英語の面接 直前5時間の技術(花田七星 アルク)

面接では自分のことについて回答するので、参考書に載っている文例を丸暗記しても大して役に立たない。自分のための文例集を作る必要がある。上記の本を参考に、段階を追って文例の作成と面接の準備が一通りできる。しかし、取っかかりを得るには良い本かもしれないが、参考となる文例が少ないため、広がりの薄い文例集しかできなかった。より幅を広げるには、もう一冊か二冊潰す必要はある。

余談になるが英語の勉強をする際は、酔拳とか蛇拳とかの拳法シリーズのジャッキー・チェンを意識している。例えば酔拳だと、ジャッキーは拳法の達人蘇化子から酔拳という必殺の拳法を教わる。この拳法の型が参考書に当たり、覚えた拳法が自分で作った文例集となる。しかし、酔拳は雑魚敵には通用してもラスボスの鉄心には通用しない。そこでジャッキーは土壇場で自身の経験からオリジナル拳法を編み出して対抗するのだが、これ、この土壇場でオリジナル拳法を自分で作れるかどうかが、実力なんだと思う。酔拳は八人の仙人を模して八つの型に分類されている。そこに土壇場で自分が九人目に加わるのだ。そして、それは今の自分ではない。仇敵から受けた屈辱や苦しい修行を耐え抜いた昔の自分が、仙人としてオリジナル拳法の型となり今の自分を助けてくれる。苦難や努力はそれを経験として昇華させた時に実力となることが、酔拳から分かる。このオリジナル拳法がジャッキーの拳法への解答なのだと勝手に解釈する。私も英語を使う現場で今まで勉強してきたことが役に立たなかった時、始めてビジネス英語への解答が出せるのだと思う。