ノマド探求

海外移住準備記

今週は複雑な気持ちの一週間だ。

来週から半年ぶりに派遣で働き始める。働くことを考えると憂鬱になるが、再び定職に就けた安堵感も大きい。定職に就くことは食い扶持を確保するだけでなく、社会的な認知を受けるにも必要なことだ。無職で過ごしていると、いたるところから無言の圧力がかかってくる。どんな大金持ちでも無職であれば、社会的に抹殺される。働くのは嫌いだが、それ以上に無職であることは居心地が悪い。

無職者が何を言っても説得力を持たないし、肩身の狭い思いをすることは多い。また派遣やアルバイトで定職に就いていても、それは社会的に認められない。いくら本人が低収入で問題ないと思っていても、世間からすれば大いに問題がある。正社員で働くことは大人になる証であり、正社員で働き続けることは大人の義務とほぼ同義だ。正社員になるのは、非効率的で理不尽な仕事に耐えてこそ一人前だという、大人への通過儀式を兼ねている。これはマンモスを追っていた太古の昔から変わらない価値観だと思う。狩りに加わらない原始人は、群れの中でさぞかし居たたまれない思いをしたことだろう。耐えきれずに群れを離れた無職の原始人が、やがて新大陸に辿り着き、争いのない平和な群れを作ったことを願わずにいられない。

今後は副業が軌道に乗るなど、何かしらの変化がない限り、数年間はこのまま働くことになる。ただIT業界で派遣の仕事ができるのは、五十歳までと考えている。それまでに正社員になるか、もしくはフリーランスで契約できない限り、IT業界で生き残ることは難しいだろう。日本にいても海外に移住しても、定職に就き続けたい理由ができたのだが、今更正社員になる努力をするつもりはない。次の職場では職能を伸ばし職歴を積むとともに、何とかフリーランスで契約できるよう色々とコネを作っていきたいと思う。