ノマド探求

海外移住準備記

働き始めて二ヶ月が経った。

半年間無職で過ごした後、ニケ月前から再び派遣社員として働き始めている。契約期間の三ヶ月間は安定した収入を確保できるし、新しい職場は奇跡と言って良いほど嫌味な人間がいない。そういう意味では安心して生活できている。しかし、人間は欲張りなもので、次から次へと不満が出てくるものだ。

職場自体には不満はない。給料は前の職場とたいして変わらないけど、通勤時間はかなり短くなったので、むしろ満足している。不満なのは仕事内容にある。システム監視の仕事であることは働く前から分かっていたが、本当にシステム監視だった。何を間抜けなと思うけど、二年間のシステム監視の経験はあるので、そこそこ経験が求められる職場だろうと、少しでも淡い期待を抱いた自分がバカだった。

システム監視の仕事は、ITの勉強をしていることがアホ臭くなるほどITの知識や技術を必要としない。SEとして求人を出している会社もあるが、現場の認識はエンジニアではなくただのオペレーターだし、実際に事務職に近い扱われ方をする。そして警備員と同じように、自分で判断することは禁じられている。警察官に憧れて国家公務員の試験勉強をしながら警備員をしている人を思い浮かべると、その悲哀が分かってもらえると思う。目の前で事件が起きても、110番することしかできることはないのだ。システム監視のオペレーターがSEの真似事をすればどうなるか。それは警備員が警察官のように事件を追った時と同じ顛末が待っている。

というわけで、もう今の仕事を辞めることに決めた。派遣の仕事はノマドチックな仕事に就けるまでのつなぎで、海外移住に失敗した時の保険に過ぎないが、それでも前に進んでいるという充実感は欲しい。勉強している自分を偉いとは思わないけど、仕事の後や休日を勉強に充てている人間が報われるような環境に身を置きたい。