ノマド探求

海外移住準備記

オンライン英会話に慣れてきた。

オンライン英会話を始めてから約一ヶ月間が経ち、何となく勉強方法がまとまってきた。週五日か六日程度、一日一回三十分のレッスンを受けている。レッスンが始まる二時間前ぐらいから、予習と復習を兼ねて教材を読んだり気になる単語を辞書で調べたりしているので、一日二時間半ぐらいは英語に時間を費やしている。

予習は必ずやっている。最低でもその日のレッスンで使う教材に目を通し、分からない単語は辞書で調べている。レアジョブオリジナルの実践ビジネスという教材を使ってレッスンを受けていて、最後にディスカッションという簡単な質問に答える項目がある。このディスカッションの回答はしっかりと作り込むようにしている。今まで分かっている気になっていた単語とか構文とかを使おうとしても、使い方が分からないことが多いのだ。文法や単語の誤りを直してくれるかは講師によるけど、辞書を引きながら文章を作るだけでも結構勉強になる。ちなみに私は辞書以外にも、オクスフォード実例現代英語用法辞典(研究社)という事例集を使っている。あと、必ずレッスンで講師に一つ質問をすることにしていて、事前に質問を文章にまとめている。単語や表現について質問することが多いけど、まれに講師の趣味とか前職とかについても質問している。予測できない返答を受けることで、自分に負荷をかけるのが目的だ。しかし、明らかに嫌そうな態度を取る講師もいるので、これは講師次第になる。予習はダラダラやっていると一時間以上かかってしまう。

復習として前回録音したレッスンを聴き直しているが、レッスンを丸々聴き直すことはない。聴き取れなかった講師の英語を聴き取れるまで聴き直して終わりにしている。これが諸事情により三十分ぐらいかかる。諸事情がどいうものかは、自分の英語を録音して聴いてみると良く分かるだろう。

後一ヶ月はレアジョブのレッスンを続ける予定だ。その後はLPICの試験勉強に時間を割き、合間を見て他のオンライン英会話のお試しレッスンを受けようと思っている。オンライン英会話は習慣化し、次の面接ではビジネス英会話は可能ですと自信を持って言えるようになりたい。