ノマド探求

海外移住準備記

小説を書き始められない。

海外移住をする前の準備として考えていたことが三つある。一つ目は和文と英文の履歴書を作り直すこと、二つ目はITの検定を何か取得することだ。この二つについては、移住に失敗して日本に帰ってきた時、すぐに収入源を確保するために必要だと思ったからだ。履歴書は和文英文ともに今の派遣の仕事を探す前に作り直した。スカスカの職歴の割には、読み応えのある履歴書に仕上がったと思う。ITの検定については基本情報処理LPICレベル1を取ったので、システム監視やヘルプデスクなら十分だ。ただ、三つ目の準備として考えていた、働く場所を選ばない副業を確立することについては、その算段すら立っていない。

今でも小説家になって収入を得るのが、ノマドチックな生活を送るには最適だと思っている。PC一台あれば場所も時間も選ばずに仕事ができるからだ。しかし、これが難しい。売れるか売れないかで悩むよりも、単に小説が書けない。前から小説の構想は色々と練っていて有望なネタも思い浮かんだのだが、なかなか思うように書き始めることができない。より正確には書き始めていない。

今後、派遣の仕事をどれくらい続けるか分からない。今の派遣の仕事はすぐにでも辞めたいと思っているが、辞めるまでに小説を書き上げられるだろうか。締め切りだと思えば嫌でも書き始めるのかもしれないけど、辞めることが決まるまでは恐らく書き始めないと思う。LPICレベル2の勉強とオンライン英会話を始めてしまったので、それを言い訳として書き始めない自分もいる。

創作意欲に駆られて小説を書きたいわけではないので、エロサイトでも問題はない。私の場合は、創作意欲よりも性欲の方が行動する原動力にはなりやすい。他には、最近レアジョブのWebサイトに、品質管理のためのミステリーショッパーならぬミステリー生徒の募集が載っていた。働く場所は自宅で良いし、時給は高くないけど週に十五時間程度確保すれば良い条件なので、これも小説を書き上げるまでのつなぎとしてはいいかなと思い始めている。