ノマド探求

海外移住準備記

PCの中身を入れ替えて一ヶ月が経った。

オンライン英会話の学習環境を整備するために、マザーボードとCPUを交換してから一ヶ月が経った。マザーボードはZ370の廉価版であるH370、CPUは最新の第八世代Core i3に交換した。ブラウザーを複数起動した状態でSkypeで講師と会話しても安定して稼働できるマシンスペックはそろえた。ネットワークも有線でつないでいる。Skypeで会話中にたまにノイズが入ったり途切れたりするのは、フィリピン側のネットワークが不安定だからだ。

ブラウザーを複数起動するのは、教材のpdfファイルとディスカッションパートで話す内容をメモしたGoogleドキュメントを別々のウィンドウで開くためだ。それにもう一つのウィンドウでレアジョブのWebサイトを開いている。前に使っていたマザーボードとCPUで複数のブラウザーを起動しても動作の問題はなかったが、skypeとcallnoteという録音ソフトを同時に起動するとメモリーを2GB後半まで使ってしまうので、メモリーを4GB以上に増やすために新しいマザーボードとCPUに交換したのだ。しかし、新しいマザーボードの規格だとWindows7が起動せず、ひとまずCentOS7を入れて使っている。callnoteはLinuxに対応していないので、マザーボードとCPUを新しいものに交換した意味はなくなってしまった。

今後の予定として、KVMを使い仮想環境でWindows7が動くか試してみるつもりだ。駄目なら英会話のレッスンを録音する方法を何か考える必要がある。Windows10を買う予定はない。三万円台のノートパソコンを新しく買って、OSをUbuntuに入れ替えて使うつもりなので、Windows10が付いていればそれを使い回そうと思っている。昨年から格安ノートパソコンにubuntuを入れノマドPCとして使うことを考えていて、かなり前に買ったレノボthinkpadubuntuを入れて動作確認をしていた。問題はなさそうなので、年末ぐらいにノマドPCを持ってスタバデビューするため、次はノートパソコンを買うつもりだ。