ノマド探求

海外移住準備記

戦略的閑却。

歳を取って髪と一緒に気も抜けてしまった。失くした髪は愛おしいが、気が抜けたおかげで生きることがだいぶ楽になった。独り身なので養う家族はいない。おまけにフリーターなので果たすべき責務もない。食い扶持を稼げる仕事とたまに飲みに行くお金と暇さえがあれば、問題はない。世の中を斜め下から眺めて気付いたことは、若い時に感じた生き難さは、自分に縛りをかけていた結果なのだ。決して現状に満足するな、と常に突き上げていた若い自分がいる。可能性の縮退が、そのまま安寧に結びつくとは、最近まで考えたことはなかった。人生は諦めが肝心なのかもしれない。それでもまだ、上を見上げては自分を卑下し、下を見下ろしては自分を慰める自分いる。気軽に誘って遊びに行ける友人は、私と同じように家族も定職も持っていない気儘な中年男ばかりだ。

他人と比べることなく今の自分を肯定しろと言われても、それは無理な話なのだ。義務教育の期間がバブル期と重なる私の世代は、教育の土台に収入の多寡で幸せを競うルールが敷いてある。このルールはDNAレベルで刷り込まれたのかと感じるほど、様々な状況で私の判断基準となっている。これはこの世代の大企業の社員でも、私のようなフリーターでも変わらない。どんな犬でもボールを投げられれば追ってしまうように、この世代の人間がお金を追って生きるのは悲しいサガなのだ。さらに悲しいことには、自分でルールを作って生きていけるほど強くはないし、現実も甘くはない。今のルールが嫌なら、誰かが作った違うルールの下で生きるしかない。競争が悪いというルールや違う価値観で勝ち負けを競うルールもあるが、どんなルールに従うにせよ、日本で生きる限りはお金を稼ぐことが幸せに繋がっているように思える。愛や幸せはお金で買えないと言うけど、それならお金がたくさんあることに越したことはない。だから競争に疲れた人には、敢えてお金から注意を逸らす仕組みが必要になる。人生はお金じゃないと高唱するネットワークビジネスにせよ新興宗教にせよ、それらがなくならないのは、やはり人生はお金だと多くの人が考えるからだ。人生がお金で決まらないのであれば、敢えてお金を話題にする必要はない。

手っ取り早く楽に生きる方法は、日本を離れてニートになることだ。ニート状態に陥るのではなく、敢えてニートになる。日本いる限りは、この熾烈な競争から降りることは難しい。だから海外へと逃避する。とは言え、海外で現地の経済活動に参加すれば、同じように資本主義のルールの下、生きることになるだろう。資本主義が嫌なら独裁国家や宗教国家に移住するしかないが、さらに苛酷な競争が待っている。独裁者や神様よりお金の方が人には優しく平等だ。根を下ろさず、人生が終わった馬鹿な外人のままがいい。働きもせず学びもせず、ひたすら暇を弄ぶニートを海外でする。外こもりと呼ばれる、この戦略はネットワークビジネス新興宗教を依りどころにするよりも、かなり安全で確実な世渡りの方法だと思う。