ノマド探求

海外移住準備記

旅行で一区切り。

私の若い頃と比べると、最近の正月は正月らしくない。もう何年も昔のことになるが、この一年の節目に向けて今やっていることに区切りをつけるようにしていた。中途半端な正月を迎えることのないよう、時間と労力をいつもより割いて事が終わるように頑張ったり、もしくはキリの良いところで一旦中止し残りは来年に回したりと、正月を目標に計画を調整をしていた。正月を厳かにゆったりと過ごせるよう、事前に厄払いを済ませておくのだ。しかし、最近の正月は他の大型連休とたいして変わりがなくなり、今年は特に輪番制で働いていることもあり、ただのしょぼい連休となってしまった。

旅行の醍醐味の一つは、飛行機に乗ることだと思う。飛行機に乗って日本と異なる文化圏に行くことは、私にとって日常生活に区切りをつける日常と非日常の境となっている。旅行を楽しく過ごすために、それまでの生活を見直し、目標の達成度合いを測り、次の計画を練るのだ。普段からそうすればいいのだろうけど、漫然と暮らしているとそういう機会を得ることは難しい。

今回はその区切りの一環として、不要な書類を整理しシュレッダーで裁断した。クレジットカードの明細書やら給料明細やら、捨てるに捨てられない書類が結構溜まっていたのだ。これを良い機会に、家庭用のシュレッダーを買ってまとめて処分した。前々からやろうと思いながらも、先延ばしにしていたことだ。それから、使うことのない古い説明書や有効期限の切れた保証書の類も溜まっていたので、これも捨てた。これだけでも、過去の自分にケジメをつけたような気分になり、かなりの爽快感があった。また、ジムへの見学会の予約もした。三日おきぐらいにランニングをするのが最近の習慣となっているが、さらに筋トレも始めることにしたのだ。腹の周りについた贅肉が、だらしないを通り越して不潔な感じになってきた。年を取ると清潔感はとても重要になってくる。