ノマド探求

海外移住準備記

相変わらず気乗りがしない。

今月末に約二年ぶりにTOEIC L&Rテストを受ける。すでにTOEICの呪縛は解けたが、そろそろ次の職場を探し始めようと思っているため、その準備の一環として受けることにしたのだ。

試験に申し込んだ三月の始めは、目標として900点、最悪800点台維持を狙い、試験対策に充分な時間を割くつもりだった。しかし試験まで一ヶ月を切った今、気乗りせず、あまり勉強をしていない。今回は公式問題集を中心に勉強をする計画だったが、スタディサプリというeラーニングを使って勉強をしている。公式問題集の難点として、リスニング問題を聞き返す際に携帯音楽プレイヤーを操作する手間が煩わしさがある。わざわざテキストを開かないといけないのも、それ相応の心の準備が必要で気軽に勉強を始めることができない。その点、eラーニングだと単にwebブラウザーを開いてポチクリとクリックするれば問題が再生できるし、2chまとめサイトを読む合間でも勉強できる。調子が乗れば、そのまま勉強を続ければいいし、疲れたらまた2chまとめサイトで気分転換ができる。

問題はTOEICで高得点を取っても、それだけでは英語を使って仕事ができるようにはならないことだ。現に900点ホルダーでも簡単な英会話すらできない人の話は良く耳にする。TOEICの勉強は英語を使って仕事をする準備に過ぎない。英語を使う準備をしているだけでは、英語を使って仕事をする能力を会得することまではできないのだ。必要なのは英語を使って何かをする経験なのだと思う。準備をしているだけの生活が続くことを考えると、うんざりする時がある。港町で航海の準備をするまま、船に乗ったことがない自称船乗りと同じだ。このままだと、いずれ船乗りが年老いて港から海を眺めながら航海に出なかったことを悔いるように、何もしなかった自分を責める時がいつか来るだろう。