ノマド探求

海外移住準備記

TOEIC L&R テストを受けてきた。

約二年ぶりにTOEICを受けた。半年毎に試験を受けていた時はそれぞれの設問にかける時間の配分などを感覚で覚えていたが、やはり間隔が開くと解き方を忘れてしまう。今回はそれを思い出すまで時間がかかった。改訂後の試験と内容はそれほど変わらず、簡単とまでは言わないがそれほど難しいとも思わなかった。リーディングパートも見直す時間はなかったが、何とか全問解き切ることができた。今までの経験から、こういう時はスコアが伸びない。概して受験者全員の正答率が高いため、他の回との兼ね合いで点数調整がおこなわれるのだ。800点台は維持できたと思うが、900点は厳しいだろう。できれば英検一級相当と言われている860点に届いてくれれば嬉しい。

先月の台湾旅行後から試験勉強を始めたので、勉強期間は一ヶ月半にも満たない。スタディサプリというeラーニングと公式問題集を使い試験対策をしたが、解き方の確認よりも英単語の確認に時間を費やした。勉強時間の半分以上は辞書を引いていた気がする。オンライン英会話のレッスンを受けていた時は中学生レベルの英単語で事が足りてしまったので、TOEICに出てくるような小洒落た英単語を使う機会がなかった。曖昧だったり忘れていたりしていた英単語を調べていると、使っていなかった脳みその部分が刺激され新鮮だった。

TOEICの試験では、へたばるまで脳みそを酷使する。リーディングパートの後半辺りから脳みそが英語を拒否し始めるが、水責めのように精神力で英語を頭に流し続けていく。試験が終わった後は、しばらく脳みそが情報を受け付けなくなり、呆けたまま一時間ぐらい記憶が飛ぶ。あまりこういう機会はないので、毎月は嫌だけど、たまになら良い体験だとは思う。今月は勉強をお休みして気分転換を図り、来月からまたオンライン英会話のレッスンを始めるつもりだ。