ノマド探求

海外移住準備記

ついにリモートワークになった。

緊急事態宣言が出るまではリモートワークは推奨に留まっていた。しかし、ついに今週から半強制的にリモートワークをするようになった。職場でないとできない作業があれば、そういう時だけ出社できる。なので、しばらくは職場に行く機会はない。自宅で仕事をすると通勤がない分、楽になるかと思いきや、部屋から一歩も出ない日もあり、私生活と仕事の境が曖昧になってつらい。

少しでも気分を紛らわせようと、籠城グッズを吟味している。遅かれ早かれリモートワークを強制されると予測はできたので、緊急事態宣言が出る前にSonybluetoothスピーカーSRS-HG10を購入しておいた。このスピーカーを使い、仕事中はkindle fireからspotifyで音楽を流して聴いている。二万円強のスピーカーで、普段デジタルガジェットに関心のない人間としては、勤労意欲を奮い立たせるために奮発したつもりだ。bluetoothだけでなくwi-fi経由でspotifyを利用したり、色々と使い方はあるようだ。音の良し悪しについては、正直良く分からない。家にいる時はデスクトップPCにつなげた二千円のスピーカーで音楽を聴いているが、二万円のスピーカーとの違いが分からず悲しい。有線と無線の違いだと勝手に考えて、自分を納得させている。たぶん、そのうちに違いが分かるようになるだろう。どうして、わざわざbluetoothスピーカーを買ったかと言うと、派遣先から支給されたノートパソコンを家のモニターにつなげて仕事をしているからデスクトップPCが使えないのだ。もう一つモニターを買えば問題ないが、コロナ騒動が収束したらリモートワークは止めるので、貧乏性から購入に踏み切れない。

週末は何もすることがない。ほとんどの友達は飲みに誘っても外出を躊躇する。宅飲みは気を使うので好きではない。かと言って、勉強をする気も起きない。観たい映画もないし、読みたい本もない。この持て余した時間をどうするべきか悩む。唯一の趣味とも言えるジョギングをして時間を潰すしかないが、それでも二時間が限度だ。毎日走ると膝も痛くなる。恐らくは、海外に移住した時も似たような週末が続くだろう。その時の予行練習として、暇を潰す方法を何か身につけたい。