ノマド探求

海外移住準備記

海外移住の準備を整理する。

緊急事態宣言が解除されつつある。これを契機に海外移住の準備を整理した。これまでは英会話の上達、副業の確立、海外在住者コミュニティーへの参加を海外移住の準備と考えていた。しかし、副業の確立は何をすれば良いか分からずに迷走し、海外在住者コミュニティーに参加する機会も日本では少く、そのうち探すのが億劫になってしまった。最近はコロナ騒動のゴタゴタもあり、準備をすっかり忘れていた。そこで大きく二つの準備に分け、具体的に何をすれば良いのかを考えてみた。一つは移住が失敗した時の保険として、すぐに日本で生活基盤を確保できるよう準備をする。もう一つは海外移住前に日本でできる、時間はかかるが金はかからない準備だ。

海外移住に失敗した時の保険としては、帰国後、すぐに仕事に就けるよう実務経験とコネを拡充し、検定を取得する。この三つの準備は、いずれも仕事の中で進められる。仕事を頑張れば、それだけ安心して海外移住に挑戦できるのだ。そう思うと、つまらない職場でも勤労意欲は自然と上がる。海外移住前の準備としては、英語能力の向上と現地語の学習、それから日本で海外移住希望者コミュニティーに参加したい。英語はどこの国でも一定の話者はいるし、帰国後の仕事探しでも役に立つ。ただ英語を話す人が多い国でも、英語圏外ではやはり現地生活は現地語が主体になる。海外移住希望者コミュニティへの参加は、情報交換と友人知人作りが目的だ。同じ価値観を持つ人と知り合えるだけでも、行動した甲斐はある。

準備は合計六つに増えてしまったが、実務経験とコネの拡充、検定の取得、英語能力の向上の四つは、今の生活を続ければ達成できそうだ。現地語の学習は移住先を確定してから始めても遅くはない。新しく取り掛かる海外移住希望者コミュニティーへの参加は、自分で手を動かし、足で稼ぐしかない。こまめにブログや掲示板などを探し、機会があればオフ会のような会合に参加しようと思っている。もしくは、自分でコミュニティーを作ってしまうかだ。