ノマド探求

海外移住準備記

常に最悪の事態を想定して行動する楽観主義者。

自由とは、その責任を自身で負うことを意味する。言い換えれば、好きなように生きるには、それ相応の代償が伴うのだ。責任を負わない自由など、もはや自由とは言えない。自由を欲する人は、それを承知の上で生きている。ただ冒険と無謀が違うように、リスクヘッジを考えて行動しないと、それだけ致命傷を負う可能性は高くなる。逆に致命傷さえ負わなければ、負け犬になっても案外楽しく生きていける。敗者復活戦が訪れれる機会は滅多にないけど、勝ち負けの埒外に逃げてしまえばいい。

別に日本を捨てる覚悟もないし、その必要もないので、海外移住に挑戦し失敗した時は、すぐに帰国して生活基盤を立て直すつもりだ。その担保さえあれば、悲壮な決意などせずに気楽に海外移住に挑戦できる。移住先でも余裕が生まれ、状況を見誤る危険も少なくなる。当面の間は食い凌げるだけの貯蓄は、言うまでもない。それでもお金は有限だ。帰国したら可能な限り早く仕事に就いて、食い扶持を確保したい。私の場合、フリーターのまま初老となった背景もあり、派遣社員かアルバイト以外の選択肢はない。良い時給で働き始めるには、何が必要だろうか。実務経験とコネの拡充、検定の取得、この三つを移住前の準備と考えている。自身の市場価値を上げ、移住に失敗した時の保険にするのだ。どれも派遣先派遣元の意思決定者が採用の可否を判断する際に、重要な要素となる。超重要な要素に年齢もあるが、こればかりは何ともならない。たっぷり後悔をして、来世の就職活動には活かそう。

常に最悪の事態を想定して行動する楽観主義者。これは私が面接時に自身の人物像について聞かれた際に、四半世紀に渡り答えてきた決まり文句だ。自分の理想像として、そう成るべく実践もしている。家族も恋人もいないし、友達は私と同じ社会不適応者ばかり、近い将来、人生を一転するような大金を稼ぐ可能性も、転がり込む希望もない。独り身の寂しい生活だが、致命傷を負わなかったお陰で、週末は旨い酒を飲むぐらいの余裕はある。海外移住に失敗した後も、甘い夢は見たいものだ。