ノマド探求

海外移住準備記

当たる確率を上げる。

ロトくじを購入する際は、完全に運頼みで数字を選んでいる。人の縁にチャンス到来、棚からボタ餅、ラッキースケベと人生のあらゆる局面において、私は運に左右されてきた。未来を予知する能力でも備わらない限り、どの数字を選んでも同じことだと考え、精神統一して頭に思い浮んだ数字を適当にポチポチしていた。運も実力のうちだが、これが全く役に立たず一つも数字が当たらないことがざらにある。最低6億円、最高10億円をこの手に納めるため、どうすれば良いか思案してみた。

まず聞きかじった話だと、理論的にはどの数字も出る確率は全て等しいようだ。良く出る数字、あまり出ない数字と出現率が偏っているように見えても、回を重ねる毎に出現率はどの数字も等しくなっていく。例えば数字の1は十回出て、5は一回も出ていないとすると、1の方がラッキーナンバーのように感じるが、実は5の方が次は出やすくなるのだ。だから良く出る数字よりも出ていない数字を選ぶ方が、当たる確率は高くなる。それから、1234567の連番を選んでも良い感じに数字を散らせて選んでも、当たる確率は等しい。心理的なバイアスがかかるのか、1234567の連番は買いにくい。心理的なバイアスによって判断を誤る状況は、数多く日常生活でも遭遇する。この辺は己れとの勝負になる。

理論的には数字の出現率は等しいが、抽選方法は神様がサイコロを振るわけでも、厳密なアルゴリズムに基づいてスーパーコンピューターが抽出するわけでもない。商店街の抽選会よろしく、数字の書かれたうずらの卵大の玉が入ったミキサーのような抽選機が、ガラガラポンと7個の玉を排出して数字が選ばれる。この何のロマンも抱かせない、恐らく発注費のいくらかは役人がポッケにナイナイしたであろう安っぽい機械が、毎週私の運命を決めるのだ。数字が書かれた37個の白い球は理論上は全ての寸法と重さが等しい完全な球体だ。しかし、商店街の抽選会では誤差で済まされても、最低6億円、最高10億円のロト7では看過できない物理的な個体差がある。書かれているにせよ彫られているにせよ、数字によっても微妙に玉のバランスは崩れてくる。ロトくじの抽選毎に排出された玉を無造作に抽選機に入れていれば、抽選開始時に抽選機の下にあるか上にあるかで出現率も変わってくるはずだ。これらの偏差を考慮すれば、当たる確率は微かでも上がるだろう。

こんなことに頭を使うぐらいなら他のことに頭を使えという話だが、何か商売を始めるよりも運を頼みにした方が、私の実力では一発を当てる確率は高い。人の持っている運が全て等しいのであれば、一千万円ぐらいは運だけで手に入れても誰も文句は言うまい。ただ最低6億円、最高10億円を運だけで当てるとなると、まずまずの恵まれた環境で生まれて育ってきたので、そこまでは残っていないと思う。だから完全に運頼みではなく、頭を使うか神頼みをして当たる確率を上げていきたい。