ノマド探求

海外移住準備記

TOEIC S&Wテストを受けることにした。

三月中旬にTOEIC S&Wテストを受ける。これまでに二回受けたことがあるが、勉強方法が分からず結果は散々だった。今回は勉強に費やす時間がたっぷりとあるので、英会話の勉強方法と合わせて、このテストの勉強方法を確立させたい。

このテストの肝は事前に模範解答となる例文を用意することだ。話して書くテストなので、解答は選択肢から選ぶのではなく自分で作る。帰国子女でもない限り、試験対策なしでは咄嗟に解答を作ることは難しいだろう。私のように日本で英語の勉強をしている人間は、予め覚えた例文を元に適切な解答を組み立てることになる。出されるお題は多岐に渡るので、お題を想定してそのまま解答となる例文を多く用意するよりも、応用を利かせやすい構文を盛り込んだ、汎用性の高い例文を用意する戦略が良いと思う。その方が英語を実践する現場でも役に立つ。

また、テスト勉強を兼ねて面接の英会話も練習する。テストのお題には臨場感がないし、私が想定する英語を使う状況からも外れていることが多いためだ。勉強意欲を維持させるには、勉強したことが役に立つという確信が欲しい。そのため、面接で話すネタを想定し、そのネタに即して例文を作成することにする。想像したスカスカの状況よりも、その方が例文を作りやすい。さらに自分自身を商品に見立て、営業で使う英語も練習する。かなり欲張りだが、面接は自分という商品を売り込む場であるし、併行して練習しても損はない。派遣の営業になった気分で、自分を競りにかける状況を想定してみる。問題は私の職歴だと、水素水の押し売りに近いぐらい胡散臭い商品を取り扱う営業マンになってしまうことだ。限りなくグレーというか、話を盛るに盛って嘘は言わないけど、あくまでもそちらさんが勝手に想像したことですよー、という感じでの営業になる。

 例文の作成はTOEIC S&Wテストの参考書を元に進めていく。面接と旅行のための英会話集も参考にするが、試験対策から外れることまで手は出さない。勉強した過程は次の試験に役立つかもしれないが、試験はその結果がすべての非情な世界なのだ。試験では努力自体が認められることはない。