ノマド探求

海外移住準備記

あまりLPICの勉強が進んでいない。

夜勤の時は何も起こらなければやることがない。暇な時間は検定の勉強をするはずだった。職場でも奨励されてはいなけど、勉強をしてもいいと言われている。モニターを前に参考書を広げ、何ならPing-tにつないでLPICレベル2の勉強は全て夜勤で片付けてやろうと思っていた。しかし、この頃忙しくて勉強する時間を確保できていない。この状態が続くなら、業務を圧縮するなど効率的に働いて時間を作る必要が出てきた。

監視の仕事で夜勤に勉強をしている人は多いと聞くし、スキルアップのために当然認められて良いことだと思う。お金を貰いながら勉強できるのは美味しい仕事だと思うが、ただの登録型派遣で働いていると資格や検定を取っても給料は上がらない。給料を上げるには職場を変えるしかない。辞めるつもりで勉強していますと、派遣元の正社員として特定型派遣で働いている同僚に言うと怪訝な顔をされる。同じチームの同僚が辞めれば戦力が落ちて負担が増えるので辞めないで欲しいのは分かる。しかし、これは仕方がないことなのだ。

家ではオンライン英会話のレッスンと創作活動で、LPICの勉強ができない。実際には勉強する時間がないわけでなく、やる気にならないだけだけど。最近は夜勤の時は就業時間の一時間前ぐらいに職場に着いて、休憩室でLPICの勉強をしている。たいした時間でないが、気持ちを切らさないために継続して勉強することは大切だと思っている。