ノマド探求

海外移住準備記

オンライン英会話の会社を変えた。

先月末、香港に旅行する直前にレアジョブの契約更新日となった。しかし更新はせず、今はBizmatesからオンライン英会話のレッスンを受けている。契約を更新しなかった理由は、オリジナルの教材がおざなりな内容で満足できなかったためだ。誤字も散見するし、レイアウトの崩れも多く、良く言えば手作り感満載の教材となっている。

私が契約していたビジネスコースは、専門の訓練を受けた講師からビジネスに特化したレッスンを受けられると謳っていた。レッスンの料金は一般向けのコースの倍だった。レッスンを五ヶ月間続けた結果、オリジナルの教材を中心にレッスンを進めると、参考書で独学するのと変わらない、お粗末な内容になることが分かった。特にリスニングに重点を置いて作られた教材が酷い。講師が英語を読み上げ、その質問に答えることでレッスンを進めるが、最初から答えの英文は用意されており単に空欄を充填するだけなので会話が広がらない。何のために講師相手に勉強をしているのか分からないのだ。

レッスンの質は講師の力量頼みとなり、経験の浅い講師や能力の低い講師に当たった場合、時間の無駄になることが多々あった。どの教材もTOEIC S&Wを意識して作成されているというか、何も考えずにTOEIC S&Wの構成を真似ているため、会話が続け難い。試験官相手に門答する英検の面接試験と違い、TOEIC S&Wは録音した答えを後で採点者が採点するテストで、そもそも構成を真似ることには無理がある。作成者が英会話のレッスンを受けた経験があるのか怪しいほど、学習者への配慮に乏しい教材となっている。教材から離れることを極端に嫌がる講師もいて、これがオンライン英会話の限界かと思ったりもした。レッスンを始めた当初は一年ぐらい続けてから答えを出そうと思っていたが、半年待たずにレアジョブに見切りをつける結果となった。

レアジョブの講師自体は経験年数の長短に関わらず優秀な人がいるので、教材に頼らずにレッスンを受けられるぐらい私の能力が上がれば、また再開してもいいかなと思っている。しかしBizmatesの教材がそこそこイケてるので、このまましばらくは継続することになるだろう。