ノマド探求

海外移住準備記

今年を振り返る。

今年を振り返ってみる。去年の夏過ぎに派遣の仕事を辞め、今年は無職の状態で年を越した。四月から新しい職場で働き始め、仕事に慣れたと思ったら今年が終ろうとしていた。今年一番の進展は、やはりオンライン英会話を始めたことだ。長年の宿望というか懸案だった英会話の能力向上にやっと踏み出すことができた。一度お試しレッスンで挫折した経験があり、やらなくてはいけないことは分かっていたが、長いこと逡巡が続いていた。しかしいざ始めてみると、意外に楽しくレッスンを受けることができて、安心したし自信もついた。複数の会社がオンライン英会話のサービスを提供するようになり、会社間の顧客獲得競争が講師の質に波及したことも大きい。腐らずにコツコツと英語を勉強してきたことも、少しは役に立っていると思う。この勢いで来年も英会話を続けていく。

仕事は、監視二年、テクニカルサポート二年を経て、次は運用に進めると期待していたが、また監視に戻ってしまった。IT業界未経験の若者に囲まれて、士気は限り無くゼロに近い。早く辞めたいが一年以上は続けないと次の職探しに影響が出そうなので、長くてもあと半年、恐らく来年いっぱいと考えて我慢している。辞めるまでにもう一つITの検定を取ろうと思っている。LPIC2を夜勤の暇な時間に勉強しているが、あまり暇な時間がなくて集中できない。そろそろ家で勉強を始めないと、次の職探しに間に合わないだろう。

移住の準備は英会話の勉強以外は、全く進んでいない。副業として考えている創作活動は、小説の構想を練っている段階で止まったままだ。カクヨムという小説投稿サイトで小説を公開する予定だったが、アカウントを作ったまま、もはやログインすらしていない。世界のどこでも通用する職能があるわけではなく、不労所得か一生遊んで暮らせるだけの貯金が欲しい。派遣の仕事ではそんな大金を貯めるのは難しく、投資して増やすにしても、しくじれば貯金は目減りするし、今のところ思い付く手段はLOTOクジぐらいしかない。

友人関係では、今の職場の同僚とは仕事以外でも飲みに行く機会があり、良好な関係を築くことができた。IT業界に入ってから、職場を去った後も定期的に会う友人ができたことは幸いだ。今年になって会わなくなった友人もいるが、一期一会と考えている。相変わらず彼女はいない。できる気配はないし、若い女性を見ても性欲よりも父性が疼いてしまうのが、ここ最近の悩みだ。日勤と夜勤が交互に続く変則的な働き方のため、カレンダー通りに働いている友人と会う機会は少なくなった。しかし、その時間を英会話などに充てたので休日を遊んで潰した記憶が今年はない。勉強するよりも遊んでいた方が楽しく、勉強する時間を確保するのに難儀していた私にとって、この勤務体系は思わぬ副次効果となった。

創作活動が進まなかった以外は、新しい勉強も仕事も始めることができたし、そこそこ満足できる一年だった。来年は副業を探す代わりにドカンと大金をせしめる手段を探そうと思っている。