ノマド探求

海外移住準備記

来週は応用情報技術者試験。

ついに来週の日曜日に応用情報技術者試験を受ける。去年の年末辺りは、試験まで三ヶ月もあるし、勉強すれば今度は受かるでしょ、と暢気に考えていた。しかし、あまり試験勉強をしないまま、試験日を迎えそうだ。小学生の頃から計画通りに物事を進められた試しがない。今のところ、令和二年度秋期と令和元年秋期の直近二回分の過去問題をやった。最後の悪あがきで、残りの一週間で平成最後の試験問題をやろうと思う。

午前は計算問題を含めて不確定要素が満載だ。最近、勉強して頭の片隅に残っている知識や過去問題と同じような問題が出れば解答できそうだが、初見の問題はほぼ運になると思う。午後の選択問題は、四問のうち三問はアーキテクチャ、ネットワーク、サービスマネジメントを選択しようと考えている。いずれも今の仕事と関係がある分野なので、試験に落ちても勉強は無駄にならないだろうとやや意欲は上がる。もう一問は何にを選択するか決めず、試験問題を読んで解きやすそうな問題を選ぼうと思っている。

コロナの影響で試験会場の密度を下げるためだと思うが、今回の試験会場は家からは歩いてはいけない会場になった。それでも近い方で、同僚は一時間ぐらいかけて試験会場に行くそうだ。試験時間は午前と午後を合計すると五時間の長丁場んあり、せっかくの日曜日が丸一日潰れる。次の日は有休休暇を取って、のんびりとスーパー銭湯で疲れを癒やすつもりだ。勉強していなくても、試験が待っているだけで精神的に疲れてしまった。