ノマド探求

海外移住準備記

どうやって独りの時間を耐えるか。

ゴールデンウィーク中は、ほぼ家にいた。時間は腐るほどあると言うか実際に腐ったが、勉強する気は起きず、オンライン英会話のレッスンを受ける以外は、spotifyで音楽を聴きながらkindleでガイドブックを読んでいた。何もしていないが、何だか疲れが溜まった。暇疲れという言葉がぴったりくる。爽快感も達成感も充実感もない連休だった。

一人遊びが得意な人は、こういう状況では圧倒的に有利だ。私の友人にも、独りで家に篭っていても、たいして疲弊しない人が数人いる。ただ、彼らの生活習慣を参考にはできるが、見習おうとしても無理だろう。何かをするために独りの時間を持ったのではなく、単に独りでいる時間が長かったため、その耐性がついたように思えるからだ。鶏が先か卵が先か、どちらが先かは分からない。一人遊びを会得すれば独りでいる時間に耐性がつくのか、それとも独りでいる時間に耐性がつけば、一人遊びが得意になるのか。恐らく物事の裏と表のように、単に見方の違いだろう。そこで、この連休中に家で一人で過ごす時間の使い方を色々と工夫してみた。

まずは、栄養状態の改善と同時に暇潰しを兼ねて、外食中心の生活から脱却を図るため冷蔵庫を買った。しかし、自炊への想いと裏腹に早々とビール貯蔵庫となり、痛風への階段をさらに駆け上がる結果となった。それでも、好きな音楽とガイドブック、酒とツマミさえあれば、独りでいる時間に退屈するけど、あまり苦にはならないと分かった。しばらくは、クラフトビールでも飲みながら机上旅行を楽しんでみる。暇を潰すために、必ずしも積極的な趣味を作る必要はない。人によって得手不得手があるように、向き不向きはあるだろう。他の一人遊びが得意な人を参考に、色々と試してみようと思っている。